TEL 029(879)5856 自家焙煎珈琲豆とワインの専門店『フレスタプラス@あらの珈琲』
つくば市並木周辺でおしゃべりしながら気軽にコーヒーを飲めるお店をお探しのあなたへ

熟成ブルゴーニュVOL2

2018年2月23日
さてもうひとつの「熟成ブルゴーニュ」とは、、、、



↓地図⑪の「ニュイ・サンジョルジュ」エリアの畑で造られる



◆JEAN TARDY  NUITS ST GEORGES BAS DE COMBE2007
・ジャン タルディ ニュイ サン ジョルジュ バ ド コンブ2007 10,000円+TAX

(コート ド ニュイ・ACニュイ・サンジョルジュ/ピノノワール・赤 ミィデアム~フルボディ)




ジャンタルディは(地図10)ヴォーヌ・ロマネ村に本拠地を持つブルゴーニュのトップドメーヌです。
1945年、ヴィクトル・タルディが名門メオ・カミュゼ家とのメテイヤージュ(分益小作賃貸契約)から
スタートしました。その後、後を継いだ2代目「ジャンタルディ」がドメーヌを拡大します。
現当主は3代目である「ギヨーム タルディ」です。








ジャン・タルディ

ギヨーム・タルディ



父・ジャンタルディのスタイルはどっしりとした長熟タイプのワイン。
3代目ギヨーム自身は、ブルゴーニュだけでなくオーストラリアでも修行を積み、クラシックなワイン
造りのスタイルを踏襲しつつ、より早くから楽しめるワイン造りを目指しています。

といっても「ジャンタルディ」のワインは基本ドッシリ系ですね。


今回の「バ ド コンブ」という畑は北はヴォーヌ・ロマネ1級畑レショーム、東はオーレアに
挟まれた人気畑のピノノワールです。
「ジャン・タルティ」のワイン=「力強さとシルキーさを兼ね備えた」
こんな代名詞をよく聞きます。 さらに熟度も増した2007 
先の「ヴォルネイ2006」とは
また違ったブルゴーニュスタイルをぜひ楽しみたいですね。


こちらもご期待ください。