TEL 029(879)5856 自家焙煎珈琲豆とワインの専門店『フレスタプラス@あらの珈琲』
つくば市並木周辺でおしゃべりしながら気軽にコーヒーを飲めるお店をお探しのあなたへ

最新情報

最新のお知らせ


2018年9月16日 : Mr・サンジョヴェーゼ
今回は、神谷町で開催されたイタリアワイン試飲会。
荒野が今日イチ!と唸ったワインをご紹介します。ていうかブッチギリのヤツね。

イタリアには多くの醸造家、醸造コンサルタントの中「Mr・サンジョヴェーゼ」と言われる
人が数人おります。今回はその「Mr・サンジョヴェーゼ」のひとりである
「アンドレア・パオレッティ」氏が造る「ランコーレ」というワインの2009ヴィンテージと2010ヴィンテージのワインです。

※向かって左側から・・・
「ランコーレ」2009 8,000円+TAX
(サンジョヴェーゼ80、メルロー15、ピノノワール5)

「ランコーレ」2010 8,000+TAX
(サンジョヴェーゼ75メルロー15ピノノワール5プティ・ヴェルド5)
アンドレア・パオレッティ曰く「サンジョヴェーゼは
陽気なイタリアの女性」
「ピノ・ノワールは上品なフランスの女性」。
どちらも魅力的だから混ぜたと。。。


格好良すぎ!!




まず私の能書きを読む前に当日どんな印象を受けたかを、、、、


抜栓12:00らしく。 ボクが試飲したのはたぶん14:50あたり

『2009ヴィンテージ』 
セパージュ:サンジョヴェーゼ80メルロー15ピノノワール5
このクラスにしては割と開きが早いと感じます。一言でいうとボリューム感たっぷりのサンジョベ!。
サンジョヴェーゼの酸ももちろんですが熟度高めの果実味を酸と比較して、より感じました。だからっ
といって甘いわけでなく、タンニン柔らかめの濃いめ葡萄感。
ですが後味には優しい葡萄の酸を余韻とともにしっかりと。途中オリーブオイルをディップしたバケット
を食べる。食べた後より旨みを感じる。2009ヴィンテージやはり評価の高い年だった理由もわかります。


『2010ヴィンテージ』
セパージュ:サンジョヴェーゼ75メルロー15ピノノワール5プティヴェルド5
こちらは2009に比べて非常~~にエレガント。どちらのヴィンテージもピノノワールの比率は同じですが、
サンジョヴェーゼの分厚い酸というよりかはキレイな「ブルゴーニュ」を感じます。トスカーナもブルゴー
ニュも飲まれている方ならボクが言っているこの辺りのニュアンスは理解していただけると思います。
果実味より葡萄の酸が味の構成割合を占めるのでボリューミーな果実味というよりかは
エレガントなきれいな酸が印象的。 このエレガント感とキレのある酸 これも捨てがたい。
あとは好みでしょ。



この違いは一体何故??
まずはコチラの動画を見て下さい。


音声とボクの滑舌の悪さで聞き取れにくくごめんなさいです。


欧州全体2010ヴィンテージは偉大な年だと言われております。よってサンジョヴェーゼの力強さが非常に
目立つ年だったらしく味の構成を考えてサンジョヴェーゼの比率を若干減らし代わりにボルドーの補助
品種的な「プティヴェルド」を加えたらしい。
この味の違いはこのプティヴェルドのまたサンジョベーゼとは違った「酸」が大きな要因だったみたです。
じゃもうちょい寝かせれば2009のような味になるかといえば、たぶんなりませんね~。



試飲会のようにひたすらワインだけを飲んでいる時に感じる「旨み」と食事をしながら
ゆっくりと飲む時に感じる「旨み」は全く違う感覚です。味わいにたっぷりのボリュームを
感じる2009 確かにウケる味わいです。がどうかな?? 食事しながらだったらもしかして
2010の方が良いのかも? この辺の感覚はあなたにお任せしますけど、、、




そしてラベルデザインとワイン名の意味もご紹介する価値あるストーリーです。


エチケットの中央にはノルウェー出身のエドヴァルド・ムンクの代表作「叫び」が。
そしてワイン名のRANCORE(ランコーレ)とは怨みです。



葡萄のポテンシャルに合わせた絶妙な樽使いでサンジョヴェーゼの魅力が思う存分に楽しめる『ランコーレ』
ではなぜ『叫び』であり『怨み』なのか?? 

(ここからはあくまでも仮説らしいが、、、、)


過剰な抽出や強い樽香を好む一部の生産者へのメッセージではないでしょうか? 葡萄やテロワールの
個性を発揮してもらえず世に送り出されたサンジョヴェーゼの怨みであり、本来の魅力を発揮できなか
ったサンジョヴェーゼの叫びなのではないでしょうか?


(ここまで)

栽培家である醸造家である「アンドレア・パオレッティ」の一部の生産者に向けての叫びなのか、、、、





↑彼こそ「Mrサンジョベーゼ」のひとり「アンドレア・パオレッティ」氏。
80年代の後半にフィレンツェ大学を卒業。その後ボルドー名門「シャトーラフィット・ロートシルト」など
で研修を経て、30歳になる前にはイタリアワイン界で最も長い歴史を誇る名門アンティノリでの全栽培
責任者になりました。

その後フリーとなり欧米の数々のワインを手がけていきます。ワイン醸造コンサルタントとして数々の
輝かしい経歴をもっていたパオレッティですが、
コンサルタントとしてでは100%自分の哲学をワインに表現できないと感じ
フィレンツェの南に自分で植えた葡萄から「ランコーレ」を造りました。
「サンジョヴェーゼに関する知識に世界で最も長けているのはパオレッティだろう。。。」と
現在も評される。。。


まぁ価格も立派ですwがしかし!当日あるリストランテのオーナーさんとお話しをする機会があり
『この旨みと品の良さを考えたらこの価格は十分値しますよ ウチの店に無くてはならないワイン
ですから』と。。。。 たしかに8,000円だけを見ちゃうと「高っ!」ってなりますが、、、、

レストランで飲むと思えば妥当かなぁ。。。



2018年9月15日 : ブレンドの魅力VOL1
フレスタプラスあらの珈琲 焙煎人荒野です。

今日は来月『ブレンド教室』も開催予定ですので、、、コーヒーをブレンドする楽しさや日本における
ブレンドコーヒーの立ち位置をお話しようとおもいます。

近年、スペシャルティコーヒーを取り扱うカフェやロースター(フレスタのような自家焙煎
豆の販売)の多くは、メニューにシングルオリジンの豆しかないお店も珍しくありません。
ex:ケニア、グアテマラ、マンデリンetc,,,,


ブレンドコーヒーの魅力のまえに、、、



□かつてのブレンドコーヒー

ブレンドコーヒーとは、「ストレート(単一産地のコーヒー)」“数種類のコーヒー豆を混ぜたコーヒー”の
ことで、例えばマイルドなブラジルの豆に酸味のあるエチオピアのコーヒー豆をブレンドすると、
バランスが取れ、どちらか1種類だけのストレートよりも多くの人が受け入れやすいコーヒーになります。




ただ、こうしたブレンドの魅力とは別の側面として、かつてはコーヒー業界でブレンドコーヒーを軽く
見る傾向もありました。



何種類かの豆を混ぜれば、少し劣化した豆を混ぜても劣化具合が分かりにくい」
「ストレートより少し品質の低いコーヒー豆を使っても分かりにくい」
という特徴も持っているので、


「少し古くなってストレートでは出せないコーヒー豆」や「ストレートより
品質が多少劣る豆」ブレンドしていた時代があったのです。


※もちろん、すべてのカフェや喫茶店がそうだったわけではありませんけどね。



こういう理由もあるのか、、、、
昔からブレンドコーヒーはストレートやシングルオリジンのコーヒー豆に比べて、
価格も安く設定されていることがほとんど。




「あまり人気がなく、売れ残りやすいコーヒー豆をブレンドに混ぜて消費する」
というようなお店の運営的なメリットでブレンドコーヒーを用意していたカフェ・
喫茶店もありました。


実際とある有名老舗コーヒー専門店の社長さんも「プロのブレンドは、”コストを低く抑える”ことも重要だ」
『珈琲辞典』のなかで触れています。




こういう暗い歴史もあり今でもコーヒーをブレンドするにあたりネガティブな考えをもつお店も多く、、
その影響で消費する側でもネガティブに捉えている「コーヒーマニア」も少なくないんですよね。。。。




しかしブレンドにもたくさんの魅力があるんですよね。。
同じコーヒー豆の焙煎度違い、その2つをブレンドしただけだって立派なブレンドコーヒーです。
奥行きが増して美味しいですからね。










先月の「おすすめするコーヒー豆」スリーアフリカン。
あのコーヒーだってアフリカコーヒー3種を思いっきりのブレンドしてます。


・爽やかな酸味のエチオピア

・コクと魅惑的な香りのケニア

・バランス型のタンザニア

このバラバラ感をブレンドすると、、、、ねっ!飲んでくれた方は解りますよね。。


上手くハマった時、、、単体では出せない香りや味わいが生まれるんですね~。



次回はブレンドコーヒーの魅力とはいったいなんだろう?その辺りのお話をしていきますね。

2018年9月14日 : イタリア試飲会 その1
フレスタプラスあらの珈琲 焙煎人荒野です。 昨日港区神谷町で開催された
ワイン試飲会へ。。。 このインポータさんのワインは非常に小難しいワインも多く、飲まないと発注できそうもない
ワインがてんこ盛り。 

今回はオールイタリアワイン赤、白、泡合わせ 85種。 スルーしたのもありましあたが、、、
気合いを入れて飲みましたw


その中でも、、、、おっ!と感じたワインをいくつかご紹介します。




・アヨーラ ロッソ・カスターニョ2016 4,100円
(ウンブリア州/サンジョヴェーゼ ミディアムボディ 赤)

SO2亜硫酸無添加ワイン。所謂「酸化防止剤無添加」のサンジョヴェーゼ。


じゃっ!早く飲まねば、、、と思う方も。でもでも ワイン自体がSO2は元々持っているので
その辺は大丈夫らしい。 よって改めて「酸化防止剤」を添加していないワインってことです。


サンジョヴェーゼ=トスカーナ ですが、、、 お隣のウンブリアでも赤ワイン用の葡萄の約70%は
サンジョヴェーゼですので なんら不思議ではありません。 
ボク的に感じるとこはトスカーナのサンジョヴェーゼほど酸が立っておらずふくよかで
逆にボリューミーな果実味があって飲みやすさもありです。ストレスなくイケるワインです。アヨラ

造り手のアヨーラは思いっきりの「自然派のスタイル」
葡萄栽培はもちろん、醸造に関しても、人的要素は極力排除する自然醸造を心がけており、
野生酵母での発酵を行い、醸造中はもちろん、瓶詰め前にもSO2は一切添加ナシです。


だから何って感じですが、、、、 一昔前のビオディナミワイン、自然派ワインを謳ってるヤツは
ヘンテコリンなものが多かったですが、ここ数年でだいぶ変化したみたい。


自然派どうのこうのでなく 単純に美味しいワインだなぁ~って思っただけです。



2018年9月11日 : ブレンド教室第二弾
こんにちは!フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
早速ですが、、、、、、
10/28(日)の午前中を利用して第二弾「ブレンド教室VOL2」を開催します。





日時:10/28(日) 11:00-12:30
参加費:2500円(税込)
募集人数:先着6名限定で行います。


今回も普段からご家庭でコーヒーをドリップしている方を対象としております。
面白そう~とか、、とりあえず1回だけ参加してみようか~というノリの方は
ご遠慮ください。 

当日はいつもご自身でご愛用の「ドリッパー、サーバー、ポット」をご用意ください。
道具が普段と変わるだけで結構なストレスを感じますので。。。




【当日の流れ】
①ご来店された順に当日使用するコーヒー豆を飲んできただきます。
 ※事前に各コーヒーの味を確かめておくといざブレンドをつくる際にイメージしやすくなるので。

②はじめて参加する方もいると思われますので「ブレンドの目的と役割」の話しをします。

③当日使用する3~4種の豆、それぞれの特徴、ブレンドにどういう役割を果たすか?
 そのあたりを説明します。

④使用する3~4種の豆を同率(1:1:1:1)でブレンドしたコーヒーを飲んでもらいます。

⑤ここから実践です。当日用意した3~4種の豆を使いご自身でご自由に創造力に富んだブレンドを
創り飲み比べをしてみます。


ざっとこんな感じです。



そして今回も参加者各々に創っていただいたブレンドコーヒーのなかで
焙煎人荒野が「コレは旨い!」と思ったオリジナルブレンドコーヒーを
期間限定で販売する予定です。 もちろんその作者のネーミングです!(笑)





第2回目の「ブレンド教室」もこんな感じの流れで行います。


ご参加をご希望の方はコチラのお問い合わせフォームから


〇お名前
〇ご連絡先
〇「ご質問・お問合せ内容欄」に「ブレンド教室参加希望」と

書いて送信ください。 または029-879-5856へ直接お電話ください。


今回も少数精鋭制で開催しますのでご興味ある方はお早めにご予約ください。


2018年9月11日 : おすすめVOL2
もうひとつのおすすめは「バラエティコース」!


たぶん普段東欧オーストリアの白とかドイツでも赤とかフランスでもロワール地方のワインなんて
ほとんど飲む機会ありませんよね。。。何故って知られていないから手が出ません!だからこそ
こういう機会にご自身のワインの幅を広げるとか経験値を広げるって意味でも毎月「今度はどこの
ワインだっ!」っていう楽しみが!
だからといって冒険心や遊び心だけでセレクトしただけではないのですよ。
よ~く見るとね、、、、珍しいワインもたくさんあるけど、、ちゃんと赤ワインなんて王道のワイ
ンばかりなんです。
「王道なワイン+レア度高めのワイン」ってな しっかりバランスを考えているセレクトなんですね~~。
12月は季節を考えての「泡」が入っていたり、、、ドイツのピノなんて少し冷やしても美味しいから
パーティーぽいおつまみにも合うんです。ぱっと見!欧州のよりどりセレクト感が強く感じますが、、、
かなり熟考されているコースです!



では早速!




◆10月お届けする2本とは、、、






地中海の温暖な太陽をいっぱい浴びた赤ワイン!
◆シャトー ヴァレンタイン ルージュ(プロヴァンス地方
/シラー20カベルネ20グルナッシュ20その他)
◆味わいミディアム~フル(税込3,024円)

キリっと酸味が効いたところが 如何にも!オーストリアの白
◆グリューバー グリューナーフェルトリーナー
(オーストリア/グリューナーフェルトリーナー100)
◆味わい:辛口・白
(税込)2,052円

向かって左側「ヴァレンタイン ルージュ」
開放感たっぷり明るい雰囲気の「プロヴァンス」らしい華やかな香りのワインです。
しかし樽で10ヶ月熟成されているので味わいもしっかりあって温暖な地方らしい
ボリューミーな果実味もたっぷりです!カジュアル感覚で楽しめるワインです。


向かって右側「グリューナーフェルトリーナー」
キリリとした青リンゴのような酸味がオーストリア白ワインの特徴なんですね~。
同じヨーロッパでもまた違った雰囲気のフレッシュさ、フルーティさを感じて
いただけるとおもいます。なかなか飲む機会が少ない東欧ワインをこの機会に
楽しんでください。グリューナーフェルトリーナー」は生姜、青ネギ、ワサビ、
柚子など、香りの強い食材や豆腐などの日本料理にもバッチリ合いますよ!
また、スパイスの効いたアジアンフードにも◎








◆11月にお届けする2本とは、、、






熟成して旨みが乗りまくりのトスカーナ!
◆モンテティ ガブルニオ(トスカーナ/カベルネ50・
メルロー25・アリカンテブーシュ15その他)

◆味わい フルボディ(税込2,700円)

南仏の旨みたっぷりの白!
◆シャトーペスキエ テラスブラン
(南仏ローヌ/ヴィオニエ70・ルーサンヌ15クレレット15)

◆味わい:辛口・白
(税込)2,268円


向かって左側「モンテティ」
長年フレスタの定番ワイン!
このクラスで7年熟成を考えるとちょうど旨みが乗っている今!楽しんでほしいですね。
当店でも「3000円以内で手土産にしたい」というリクエストがあると間違いなく候補になって
くるワインのひとつなんです。こなれたタンニンとたっぷりの果実味。このバランスが良いので
「プレゼント需要」でもまずハズしたことがありません!ど真ん中的な旨さがあります。



向かって右側「ペスキエ」
一昨年9月の試飲会でも出展し人気だったワイン。
南仏のヴィオニエ種らしい華やかな香りでとてもフレッシュな味わいです。
このワインも多くの方が美味しいと思えるバランスを持っています。
意外にエスニック系の料理にもマッチするんです。










◆12月お届けする2本とは、、、







少し冷やすと美味しいピノノワール!
◆シェルター ラブリーピノノワール
(ドイツ・バーデン/ピノノワール100)
味わい:ミディアムボディ
(税込)2,592円

こちらも希少なロワールの泡!!
◆ブリュット ジャン ド ラ ロッシュ
(仏ロワール/シュナブラン65・シャルドネ26・ソーヴィニヨンブラン8)
◆味わい:辛口の泡
(税込)2,484円





向かって左側「チャーミングなドイツのピノ」
ドイツではピノ・ノワールをシュペートブルグンダーと呼びますが
敢えて「ピノノワール」と表記してるのは世界進出を狙ってなのか?
ブルゴーニュのピノより色濃い液体は、味にもあらわれていて、
酸味が強すぎることなく滑らかな味わいです。
少し冷やして飲むのもアリ!軽いパーティ用のおつまみと気軽に
楽しめるワインです。




向かって右側「ロワールのスパークリング 」
こちらも滅多に口にする機会のないボルドーの北側に位置する
ロワール地方の泡です。きめ細やかな泡質と優しい果実味が特徴でしす。
ミネラルと酸味の効いた爽やかな口当たり
やはり12月~お正月は泡も必要ですよね。





◆1月お届けする2本とは、、、







良年しかリリースされないワイン!
◆シャトー ド ファヨル サン デュ サングリエ
(仏南西部/メルロ85・カベルネフラン15)
◆味わいフルボディ
(税込)3240円

只今!注目のブドウで造るイタリア白!
◆ツアニ リボッラ ジャッラ
(イタリア・フリウリ/リボッラ ジャッラ100)
◆味わい:辛口・白
(税込)3024円


向かって左側「シャオー ド ファヨル」

フランス南西部とは「ガスコーニュ」地方とも呼ばれボルドー地方の
南西部に位置します。よってボルドーの陰に隠れ軽視されがち!
しかしワインの歴史も古く実はコスパ高いワインの宝庫です!
要は「都内23区は家賃高いけどちょっと外れた狛江市は同じ
クオリティで断然お得!」ボルドーワインと比較して同じ3000円
なら断然お得感あるワインが多いんです。このワインもブドウの
出来が良い年にしかつくらないワイン。飲む価値は大!






向かって右側「ツアニ リボッラ ジャッラ」
日本のイタリアンでも注目されるリボッラジャッラ!
北イタリアって白ワインの宝庫です。その中でも現在注目されているのがこの
「リボッラ・ジャッラ」種。北イタリア フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州
東部とスロヴェニアで栽培されている白ブドウ。キリっとした酸と柑橘の爽やかな
香りがあって食欲が増すワインですね。






つくば市並木周辺でおしゃべりしながら
気軽にコーヒーを飲めるお店をお探しのあなたへ







週替わりで味の違いを楽しめます

ご来店心よりお待ちしております♪
店主/焙煎人 荒野 勝


メール会員登録

フレスタプラス@あらの珈琲の最新情報や特典情報を配信いたします。
登録無料ですのでお気軽にご登録ください!