飲み残したワインの保存

こんにちは!フレスタプラスあらの珈琲 焙煎人荒野です。

今日は飲み残したワインの保存方法についてお話します。

細かい話をすればきりがありません。結論からいうと、普通にフタをして冷蔵庫に入れて保管するだけで、
大抵のワインがその後何日間かは楽しむことができます。ただし保管方法には注意が必要です。
例えば、横に寝かせるとワインが空気に触れる面積が大きくなるので、劣化しやすくなります。そのため、ワインをできるだけ空気に触れさせないようにすることが重要。ワインを保存するときは、ボトルを立てて保管するようにしてください。

抜いたコルクを差しておくだけでも風味や鮮度を保つことができます。

もちろん一度開栓してますので酸化は進みます。でも酸化によって風味、味わいの変化も楽しみのひとつです。



ワインは栓を開けた瞬間、つまり空気に触れた瞬間からワインの酸化が始まり、それに伴い、少しずつ味が変わっていく。逆にいえば、一度開けたワインを長持ちさせるには、ワインを空気(酸素)とできるだけ触れ合わせないようにして、酸化を遅らせることが大事になりますね。


そこでより『長持ちさせる方法』はいろいろありますが、、、、例えば



↑ ↑ こんな類の小さい瓶に小分けするとかね。通常のワインボトル(750ml)に比べ、瓶内の空気量が少なく、酸化を遅らせることができますよ。

「今日はたくさん飲めそうもないな~」ってあらかじめ分かっている場合は、ワインの栓を開けたらすぐに、用意しておいた小瓶にワインを移し替えて保存しておけばいいっすね。


この時、気をつけることは小瓶の注ぎ口のギリギリまでワインを注ぎワインをできるだけ空気に触れさせないこと。これ大事です!

移し換えの際に多少酸素には触れるが、そのまま栓をしてしまえば、ワインは酸化から免れてかなり長持ちしますよ。



では飲み残したワインをそのまま冷蔵庫で保存した場合いったいどれ位持つの??


残念ながら、どのワインだからどれくらいもつということははっきり言えませ~ん。


ただ自分の経験上1週間程度ならイケますね ※もちろん酸化しますけどね。。
多少酸化したワインを飲んだからって体に悪いってわけでないのでご安心ください。
1~2日の差はホント個人差ですから。


「飲み残すと勿体ないからワインは買わない」という人もまだまだいます。
だが、ワインの楽しみを自ら奪っている気もしますよね。「ワインはその日のうちに飲まないとダメ」などというワイン通の神話に惑わされず、あなた自身の味覚を信じて、もっと自由にワインを楽しんでほしいっすね。