TEL 029(879)5856 自家焙煎珈琲豆とワインの専門店『フレスタプラス@あらの珈琲』
つくば市並木周辺でおしゃべりしながら気軽にコーヒーを飲めるお店をお探しのあなたへ

おすすめVOL1

2018年9月10日
今回に限っては2つのコースをおすすめします。まずは「フランス赤コース」
晩秋~冬にかけてやはりワインは赤を飲む機会が多くなる方って結構おりますよね。毎月のお届けされるワインの内容と
価格のコストパフォーマンス度から考えて赤中心にワインを楽しむあなたにとってこれはいいっすよ!!
「ブルゴーニュ」「ボルドー」「南仏」と一口にフランスワインといえと全く違う楽しみが待ってますからね!
充実度☆☆☆☆☆。

中でも10月の「ブルゴーニュピノノワール」と南仏の「マレノン」スタートから当たりっ!って感じる方は
多いと思いますし~~~。さらに!11月のボルドー左岸「メドック地区」カベルネソーヴィニヨン主体の
力強い味わい。12月のボルドー右岸「ポムロール地区」メルロー主体の芳醇でふくよかな味わい。
同じボルドーを代表する地区でも全く印象の違うワインを体感出来る
ってブログを書いてるボクもめっちゃ
魅力的な企画です。 渡邊さん今回も上手いとこ付いてきますね。w w w
1月に関しても、、、、フレスタ試飲会でも人気のワイナリーでしょ! 充実度☆☆☆☆☆
ハズさない度☆☆☆☆☆ よくよく考えてみると旨みがたくさん詰まったコースなんです。






◆10月お届けする2本とは、、、






6月に実際飲む機会があり、エレガントで滑らかで「これいいね!」っておもったワインです!
◆ショフレ ヴァルドネール「ジヴリ」キュヴェ(シャロネーズ/ピノノワール)
◆味わい ミディアム(税込4,212円)

いつ飲んでも安定感抜群!
◆グランマレノン ルージュ(南仏ローヌ/シラー70、グルナッシュ30)
◆味わい フルボディ(税込2,592円)

シャロネーズ地方の実力派!
ブルゴーニュといっても南部に位置し日本ではまだまだマイナーな産地である
「シャロネーズ」の「ジブリ」地区でつくるピノノワール。でもね、、、、
6月に飲んだんですがブルゴーニュ北部のピノと違って酸味が柔らかく
果実味があって滑らかでとっても飲みやすかった印象。ブルゴーニュ入門編的な
ワインなので気軽に楽しめますよ。


そして以前から「最も安価な3ッ星ワイン」といわれる実力派!
かなりの確率で試飲会に出展されているので日頃から飲む機会が多いワインです。
たっぷりの果実味とスパイシー感のバランスが良くてドッシリした濃いめのワイン。
正統派の赤!いつ飲んでも絶妙な安定感があり安心して飲めるワインです。






◆11月にお届けする2本とは、、、






6種の品種をブレンドした濃厚系赤!
◆シュールダルク トック エ クロシェ 
(南仏・ラングドック/メルロー、グルナッシュ、シラー、マルベックその他2種)
◆味わい:フルボディ
(税込)3024円

いかにもボルドーらしいボルドーワイン!
◆オーバージュ リベラルト
(ボルドー・メドック/カベルネソーヴィニヨン60、メルロー40)
◆味わい:フルボディ
(税込)3,564円



向かって左側「シュールダルク」
南仏のリムーという産地は「質のよい葡萄が出来ないわけがない!」と
言われるほど。昔から白の産地で有名ですが、近年は赤も質の良いワインが
多くなってます。控えめな樽香と濃い口当たりで濃密なワインを好むなら
好きな味わいです。じっくり楽しんでください。


右側「オーバージュ リベラル」
カベルネ主体にメルローをブレンドした「如何にも!ボルドー」な味わいです。
強靱な熟した果実の味わいはまさしくカベルネの割合が高いため。
「ボルドーってこういう味なんだっ!」って経験するには絶好のチャンスです。
さすが名門第5級シャトーを名乗ってるだけはありますよ!



◆12月お届けする2本とは、、、







ドッシリとしたタンニンを味わえます!
◆シャトード ラスコー ピクサン ルー ルージュ
(南仏ラングドック/シラー60、グルナッシュ40)
味わい:フルボディ
(税込)3,024円

ホルドー注目の若手醸造家!!
◆ショトー オーミュセ
(ボルドー・ラランドポムロール/メルロー80、カベルネフラン20)
◆味わい:フルボディ
(税込)3,564円





向かって左側「掘り出し度星3つ!」
カカオやチェリーが混じった複雑な芳香ですが、味わいは基本的に
フルーティなワインです。口当たりはまろやかでしっかりとタンニンをもつ、
質の高いバランス型ワインです。



向かって右側「オーミュセ 」
同じボルドーワインでも11月の「オーバージュ リベラル」とは
全くって言っていい程印象が違うワインです。メルロー種が主体
のワインならでこその芳醇な円やかさが全面に出たふくよかな
味わいです。メドック地区「カベルネ」主体のワインとポムローヌ地区「メルロー」主体の
ワインあなたはどちらを好むのでしょうか?これも頒布会ならではの醍醐味です。




◆1月お届けする2本とは、、、







タンニンのキメの細かさとふくよかな味わいに注目!
◆シャトー カマルサック プレステージュ
(ボルドー/カベルネソーヴィニヨン60・メルロー40)
◆味わいフルボディ
(税込)3564円

フレスタ試飲販売会でも人気なワイナリーなんです!
◆シャトー ド モンフォーコン バロン・ルイ
(南仏ローヌ/グルナッシュ55・シラー15・サンソー15その他2種)
◆味わい:フルボディ
(税込)3,456円

向かって左側「カマルサック プレステージュ」
このワインは地区名、村名を限定た葡萄で造られていませんが、、、コスパに優れた
ワインを各レンジもっています。1500円台のワインもデイリーワインとしてとても
重宝するんです。このワインも香りが強く濃厚。カベルネの力強いタンニンとメルロー
の丸い果実味のバランスがいいです。寒い季節にぜひ煮込み料理と一緒に楽しんで
ください。




向かって右側「モンフォーコン バロンルイ」
深みのあるリッチな味わいですよ!
「ローヌ地方」の特徴としてパワフルで力強いワインを造る生産者が多い中
「モンフォーコン」のワインってどのワインもプラス「エレガント」さをすごく
感じます。ブレンドの魔術師と言われるだけあって黄金比が絶妙!複雑な香りと
1本開ける迄に幾つもの味わいの変化を楽しめるワインなので飽きがこないで
最後まで楽しまさせてくれること間違いナシです。ワインはやはりバランスっ!
って感じさせてくれる1本です。