何故「ブラインドテイスティングセミナー」の開催に至ったか?

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲
焙煎人荒野です。

先日ご案内した7/26(金)1900:~開催の
「ブラインドテイスティングセミナー」
今日は何故開催に至ったか?の理由を
お話してみようとおもいます。


フレスタで開催しているワイン試飲販売会もお陰さまで
15回も続いております。




前回か?前々回?の試飲販売会が終わり
試飲会でお馴染みの(株)イイダの
渡邊さんと片付けをしながら、、、、



「フレスタのお客さんは下手なソムリエより
間違いなく舌は肥えてますからね。
だってこれだけ品質の高いワインって
そうそう経験出来ませんからね!」


「あっ!これ美味い!でもこれはイマイチ
自分は苦手だなぁ!~」って
自分が気に入ったワインを見つけて購入してもらう。
これが試飲販売会です。
今まではそれでOKで良いとおもうんです。



しかし今後、、別の機会を設けて
「じゃ、、なんでそれが自分にとって美味いと
感じたのか?逆に苦手と感じたのか?」

この部分をもっと掘り下げて
好みの傾向が整理していけば、、、
もっとワインが面白くなるんですよね~。


フレスタの試飲販売会に参加してくれる
方々は横柄な態度を取る人は居ないし
みんな話を興味持って聞いてくれる
良い人達ばかりなので、、、



いつもの試飲販売会では深く話しすることが
出来なかったこと含めもっとワインの
面白さをボクなりにお伝え出来ないかなぁ~
って思うんですよね、、、、


さらにどうせやるなら身近な目標が
あった方がよりためになるんで、、、、

誰でも受験する資格がある
「ワインエキスパート」の試験を
来年以降目指すのもアリでしょう!




こんな話をしたことがキッカケになったわけですよ。




まずはわかり易い国際的に栽培している
ピノノワールとシャルドネからスタートすると、、、

ブルゴーニュのシャルドネは香りが~~で
味わいが~~~。

じゃチリのシャルドネはブルゴーニュと比べて~~
~~だ。

こんな感じで大枠で理解していれば

自分の好みの傾向も解ってきますよね。









例えば急遽間に合わせでスーパーやコンビニで
ワインを買う場面に遭遇したとして、、、、

今日は白が飲みたいとします。

ブルゴーニュとチリと北イタリアのシャルドネが
あります。この3種のシャルドネのイメージは
なんとなく理解できるので、、、自分の好みや
今日の気分でセレクトの判断基準が
できますよね。



さらに外で食事をする機会があったとします。
ワインリストに数種のピノノワールがオンリスト
されていても、、、ブラインドテイスティングセミナー
での経験と記憶があれば、、、

好み、その時の気分でワインにマッチする
料理をおすすめしてもらえば良いわけです。




ワインを飲む楽しさにさらにプラス知識が増える
と、、、大体の推測が出来るようになるんで
自分で選ぶ、ハズさない、、、


という実用レベルの楽しさも増えいきますよね。



↑この辺りも
ボクと渡邊さんが理想とする
「より深いワイン好きになる」のイメージっちゃイメージなんです。




まだ席に空きがあるので、、、ご興味ある方は
ぜひコチラをクリックしてご連絡くださいね。


https://frestaplus.com/71866/