今日はテイスティング7連発からスタートしました。

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。

コーヒー テイスティング
今日はテイスティング7連発からスタートしました。
定期的に自分のローストポイントが合っているか?ズレているか確認の意味で
ドリップしてはテイスティングを繰り返します。

探りながらというかネガティブな要素を見つけるように飲むんで些細なニュアンスも
気になります。「あと10秒・・・・だったかなぁ」「もうちょい酸味があっても良かったかなぁ」
「もっと苦くても、、、、」とかキリのないことを考えながらのテイスティングです。




常に100%で行きたいあまりどうしてももっと際どいディテールを攻めてしまいがち。
酸味に特徴があるコーヒー豆なら「より浅くでも甘く。もちろん渋みはNGで」
コクや深みに特徴ある豆なら「より深く、甘苦さを出したい、、、ダークチョコレートの
ように、、、、」
っていう勢いのあまり攻め過ぎてしまうこともしばしば。。。。


今月のおすすめの「ニカラグラ ラ・ロカ」
より酸味の出方を円やかにとおもい若干ローストポイントと時間をマイナーチェンジ
した結果、甘さは増し酸味もより柔らかに仕上げることが出来ましたが、、前回のロースト
時より若干??強いていえば気持ち優しいかなぁ・・・・

こんな調子でキリのない欲望が残るわけです。



その5日後あたり、、、定期的にコーヒーを飲みに来てくれる方が
そのニガラグアを。くんくんカップの香りを嗅ぎ、ひと口飲む またくんくんして飲む 笑
「あぁ~これは美味しいコーヒーですね 優しいくて旨いですね」と。

2杯目はコロンビアを。「酸味が感じなくて美味しいですね」と。
※ボク的にはほんのり感じる程度の酸味は感じるかぁと。

帰り際に1杯目のニカラグアと2杯目のコロンビアを200gずつ豆で購入されました。


一部のコーヒーマニアと既にご自身の好みとスタイルが確立している方は置いておいて!


お客さん目線になって考えると、、、
ボクが「あぁ・・・もっちょい酸味が立っていた方がより個性を感じるかなぁと
おもっても、、もっとコクと苦味を際立つように、、、」なんておもっても

酸味がどうの苦味にがどうの個性がどうのとかより
柔らかなテイストで何杯でもストレスなく飲めるコーヒーがイチバン喜んでくれる
ってことでしょうかね。




今日の7連発のテイスティングは数日前のことを思い出しながら行っていたので
「んん、、強いていえばもうちょうい、、、いやいやこんな感じが丁度よいのかも?」



これからも いやこれからはより飲んでくれる方はどんなコーヒーを
求めているのか? この辺意識しながらローストですね。




最新情報はコチラです