より誰でも 楽しみやすい。つまりよりハードルが低い商品ほど「真面目に造るべき」だと!!

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。

先日の記事読んでいただけましたか?そそ!「カフェオレベース爆発中!」の・・・
まだ読んで無い方はコチラをクリックして読んでみてください。


自家焙煎珈琲専門店としてオープンした当初はやはり自分が焙煎したコーヒーがどう評価されるか
めっちゃ気になって。。それだけまだまだ自信もなかったわけですよ。
店頭でいかにコーヒー豆が売れるか!それが最も重要で、オープン当初から製造してた
リキッドアイスコーヒーやカップオン(ドリップバックコーヒー)は今ほど重要視していません
でした。 自分が焙煎したコーヒー豆を自宅で美味しく飲んでもらえるか?←もうこれしか頭に
なかったし、見えてなかったのです。



ここ数年お店も徐々に、、、、上向き傾向になってきて、百貨店のお中元ギフトやお歳暮
ギフトや郵便局ギフトもお陰さまで年々出荷量も増えてきました。自分の商品が多くの方の
手に渡るということは、それだけ責任というかプレッシャーというか、、、それらが大きく
なるわけで、、、参考として他競合店のクオリティも知っておくために色々と買ってみて
口にしてみました。


正直、「真面目に」造っていない商品も多いと感じました。リキッドアイスコーヒー然り
ドリップバック然り、もちろんカフェオレベースも。。。。「紙パックのアイスコーヒーでしょ・・
ドリップバックなんてどれも同じでしょ・・・」と。世の中で軽視される方が多いのには
こういうところが理由なんだろうと。。。



しかしこの「気軽さ」「手軽さ」「簡単に」は「お家で豆を挽いて自分でドリップする、若しくは
コーヒーメーカー等で淹れる」とは比べものにならなく位、、”より誰にでも”楽しんでもらえる
間口の広さなんですよ。


元々リキッドアイスコーヒーに関してはもう9-10年毎年ダメ出しされながら焙煎の研究を
してきました。

2年前位だったかな・・・? はっと気づいたのです。「気軽さ」「手軽さ」「簡単に」より誰でも
楽しみやすい。つまりよりハードルが低い商品ほど「真面目に造るべき」だと!!
間口の広い商品ほど旨いとなれば世の中の反応は早いのでないか??!!と。。。


いくら当店の「ストロベリーモカ」が大人気といっても「やみつきカフェオレベース」のような
爆発にはならない。。。。。 「自分で豆を購入しお家で挽いて淹れる」という行為をする人が
一体どれだけ居るのか??器具を持っている方がどれだけ居るのか??って考えると

グラスに氷を入れて注ぐだけ、、、、牛乳を入れて注いで混ぜるだけ、、、、、コーヒーカップに
セットしてお湯を注ぐだけ、、、、、 の方がめっちゃ簡単だし、圧倒的にこういった層の方が
多いんです。



より嗜好度、専門性を追求する部分は地道にコツコツ積み上げていくしかありません。
毎年少しでもフレスタのコーヒーを知ってもらうために、、、、
一方”よりハードルが低い商品”ほど真面目に真摯に向き合うと今回の予想だにしていなかった
ことが起こるのかもね。。。