コーヒードリップ 3つの基本



あなたはお家でコーヒーを淹れてて・・・・
なんか最近美味しく入らないんだよなぁ~って
思ったことありませんか?


人間が行っている行為なんで無意識にズレが生じるのは
当たり前!!

悩み出すとどんどんドツボにハマるパターンに陥ります。



そういう時こそBack to the Basic!!



基本に戻ってみてください。


【基本の3つのポイント】


①豆(粉)の計量
豆から計量する場合「10gの計量スプーンだから摺切り1杯10gだよね~」っていう方いますけど・・・粒の大きさや焙煎度によって全く変わってしまいます。大粒のマンデリンだと8gしか入りません。逆に小粒で焙煎度が浅めのエチオピアモカなら12g入ります。ここ適当にやると毎回適当な味になってしまいます。



②粉のメッシュ(粗さ)
特に手挽きのミルを使っている場合徐々にズレてくる場合があるので毎回ご自分で豆を挽いた際確認してください。中~中粗びきがベスト。↑の画像くらいが良いとおもいます。大体ドツボにハマるパターンは「いつの間にか細かくし過ぎ」になっています。もし最新調子悪いな~っていうときは思い切って「粗め」に挽いてみるのも良いですよ。とは言っても↓ ↓までいくとやりすぎですけどね・・・


これは粗すぎです。。



③抽出量を毎回一定に!
これも豆(粉)の量と同じで毎回抽出量がマチマチだと味も当然マチマチになってしまいます。↑の画像のようなメモリが付いたサーバーを使うのが良いですよね~。



まず調子が悪い・・・なんとなくズレてきたなぁ・・・と感じたらまずはこの3つの基本ポイントと徹底してみてください。たぶん戻るとおもいますよ。もしそれでもダメなら荒野へご連絡ください。



最新情報はコチラをクリック!