コールドブリューとアイスコーヒーの違い!

コールドブリューとアイスコーヒーの違い!


つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。今日は最近スタバあたりでよく耳にする「コールドブリュー」とは?アイスコーヒーとどう違うのか?をご紹介してきます。


■コールドブリューとは?

コールドブリューとは、コーヒーの抽出方法のひとつであります。「COLD(コールド)=低温」、「BREW(ブリュー)=抽出」という名前のとおり、お湯ではなく水で抽出する方法なわけで、、何つー事ない!「水出しコーヒー」です。「水出しコーヒー」より「コールドブリュー」の方が響きは断然格好良いしね。笑

特徴としては抽出器具によって異なるが、コールドブリューは、約8~12時間かけてじっくりコーヒーのエキスを抽出します。コールドブリューコーヒーは、苦みが少なく、まろやかでクリアな味わいになる。なのでコーヒーが苦手な人にも人気が高い。スタバでは、コールドブリューコーヒーをアレンジした「コールド ブリュー レモネード」や「コールドブリュー コーヒー フラペチーノ」っていうメニューがあります。ファミリーマートでは、K-POPアーティストBTS(防弾少年団)とのコラボ商品としてコールドブリューコーヒーを使ったドリンクが販売されており、近年日本でもコールドブリューの人気が高まっているのも確か?※たぶんコールドブリューって響きに誘われるヒトが多い。。。



※因みにコーヒー豆(粉)にポットのお湯を注ぐハンドドリップ製法を、ホットブリューとも呼ぶ。。。




.■ホットブリューやアイスコーヒーなどとの違いは何?
「ホットブリュー」との違いは粉にお湯を注ぐハンドドリップがホットブリュー。ホットブリューはお湯を使いコールドブリューは水を使うため、できあがったコーヒーは温度が異なる。コーヒーに含まれるカフェイン量に大きな違いはないが、コーヒー豆の酸は、熱を加えるほど変化する。ホットブリューで淹れたコーヒーのほうが、苦みや酸味が強くなりますね。



「アイスコーヒーとの違い」はというと「コールドブリューコーヒー」と並べてしまえば同じように見える。しかし両者は、根本的な作り方が異なる。アイスコーヒーは、ホットブリューで淹れたコーヒーを氷で冷やしたもので同じような冷たいコーヒーでも、アイスコーヒーのほうが苦みや酸味を感じやすい。




■■ダッチコーヒーとの違い■■※Dutch Coffee(ダッチコーヒー)とはコチラをご覧ください。

ダッチコーヒーとコールドブリューコーヒーは、どちらも「水出しコーヒー」と呼ばれるが、水出しの方法が異なる。コールドブリューコーヒーの水出し方法は、水出し麦茶のボトルをイメージするとわかりますね。水にコーヒー豆を直接浸して、エキスを抽出します。一方、ダッチコーヒーは専用器具を使って点滴のように1滴ずつ抽出します。



ん??「コールドブリュー」またまた新しい単語が出てきたぞ!!って思われる方も・・・要は従来ご家庭でコーヒーの粉を浸透させてつくっていた「水出しコーヒー」です。熱を加えない分香りが残りやすく苦みや酸味が少なくすっきりとしたマイルドな味わいですので、、コーヒーが苦手な方にも支持されるのも納得なわけですね。




最新情報はコチラです。

コーヒーの表年・裏年(表作・裏作)って知ってる??

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。


コーヒーの表年・裏年(表作・裏作)って知ってる??


コーヒー豆の収穫には、『表年(表作)』と『裏年(裏作)』があるのをあなたはご存知でしょうか?チェリーがたくさん実り、収穫量が増える年を『表年』、逆に収量が落ち、収穫量が減る年を『裏年』といい、これらが交互にやってきます。これを『隔年結果』といい、コーヒー以外にもミカンやリンゴなどでも同様の現象が起きることが知られています。




表年では果実成長のために光合成などによって生まれる養分が多く使われ、そのぶん裏年では栄養不足となってしまうためと考えられています。この隔年結果が大きく影響するのが、、、、



世界最大のコーヒー生産国であるブラジルの生産量なんですね~。ブラジルの生産量は世界のコーヒーのうち約3割を占め、その収穫量の推移はコモディティコーヒー(安価なコーヒー豆)の市場価格に大きな影響を与えます。




スペシャルティコーヒーやフェアトレードコーヒーを除くコモディティ(コマーシャル)コーヒーの国際相場は、NY市場の先物取引によって変動するのですが、原則として収穫量が多いと価格が下がり、少ないと価格が上がる、という傾向になります。つまり、ざっくりとした目安としてはブラジル表年にはコーヒーの国際価格は下がり、ブラジル裏年にはコーヒーの国際価格が上がる、ということですね。※因みにスーパーあたりで販売している○○○ブレンド400g498円とかは今後価格が高騰するんじゃないでしょうか・・ブラジルコーヒーの生産量減少が大きな要因です。




今年はじめ日本に入ってきた2020/2021クロップのブラジルは、表年で天候にも恵まれ、大豊作でした。収穫量が多いだけでなく品質も安定していて、心配されたコロナの影響も少なく潤沢な流通量となっています。



しかし、その分裏年となる来季2021/2022クロップは大幅な減産が予想されています。
あくまで予測ですが、2020/2021と比べて1,500万袋もの減産となる見込みだそう。
これは、通常の裏年に比べても大幅な減産で、開花の時期の降雨量が少なかったことも影響していると言われています。さらに追い打ちをかけて今年7月の大規模な霜害の影響は今後あるんじゃないかと。。。




そうなると心配なのが、先ほどご説明したように国際価格の高騰。NY市場の国際価格とは異なる価格基準の当店あたりで使用しているスペシャルティコーヒーでも、それなりの余波は避けられないのかも??今後値上げになる銘柄等あるとおもいますね。じゃ今すぐ値上げします!!っていうことではありませんがコーヒー業界全体にとっては少なくない影響があると思われますので、今後の動向は気になりますね。。。




まぁとにかくコーヒーに限らず流通の影響も段々と出てきているので色々なモノの価格は上がるでしょうね。




最新情報はコチラです。

コストコ年会費4840円の本質的な理由

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。今日はコーヒーでもワインでもない話題を!ずばり「コストコ」です。そそ!あなたもコストコのホットドックお好きでしょう?笑

アメリカ生まれの「コストコ」。日本国内でも現在28店を構える会員制の小売りチェーンです。本国アメリカをはじめ12カ国806店で展開する超~グローバル企業!(2021年4月1日時点)。大量の食品・お菓子・飲料はじめ現在の巣ごもり需要で堅調なスーパー、ドラックストア、ホームセンター等々の全てのカテゴリをカバーしています。そしてお買い物需要と並びコストコ最大のキーラーコンテンツは↓ ↓ ↓でしょ!

●ホットドック(ドリンク付)180円でしょ!コストコによく行っていた時代は必ずこのホットドックとピザを食べていました。このホットドックはアメリカでは1.5ドル(約162円)で販売されいて、「ホットドッグ1.5ドル」は30年間も変わっていないらしいです。この割安なホットドッグが食べられるなら、とコストコの会員になる人が多いのは事実です!そしてこのホットドックが会員を継続する理由にもなっているんですね。。。

コールスロー、オニオン乗せ放題!ケチャップ、マスタードかけ放題!ドリンクも確か・・飲み放題!でこのボリューム感。立派な来店動機になりますよね。コストコは基本的に会員に向けたサービスを提供するビジネスです。日本の年間会員費はというと■個人会員「ゴールドスター」4840円。■エグゼクティブ・ゴールドスター9900円。■
法人会員?ビジネス4235円。■エグゼクティブ・ビジネス9900円。
それぞれ特典が異なりますがほぼほぼ個人会員のゴールドスターが多いみたい。そして、この金額を支払って継続する既存会員は90%ほどに達していると。。。
そしてビビったのが!コストコの収益構造です。2021年度の第2四半期を例に上げると●売上高:439億ドル●商品の仕入れ:391億ドル●販売費及び一般管理費:43億ドル売上高から、商品の仕入れを引き算し、さらに販売費および一般管理費を差し引くと、利益はほとんど残らない!!えっ!?と思いきや先にあげた年間会員費収入これが利益の大半を占めているではないですかっ!【収益】●売上高:439億ドル●会員費収入:9億ドル【費用】●商品の仕入れ:391億ドル●販売費及び一般管理費:43億ドル。営業利益相当額が14億ドルとなる。彼らのビジネスモデルは、顧客を囲い込み良質な商品を提供する。それに付加するサービスも提供する。その一環としてがあの↑ホットドッグなんです。極端な話、実際の商品自体は、ギリギリの原価で販売しても構わない。コストコを楽しんでもらい、翌期も会員に継続してくれれば会員費収入が得られ、それが安定した利益に直結していくモデルになっているんですよね。

その中でもボクが注視したのは仕入原価の高さだ。コストコって高品質をうたっているが、たしかに原価で見てもあながち間違いではなさそうです。実に、391億ドル÷439億ドルで約90%の原価率となっている。ある意味凄すぎる!




さらに興味深いのが昨年、コロナ禍でコストコが漁業へアプローチした方法だ。飲食店が不調に陥るなか、飲食店も大変だが、供給業者も大変です。とくに、漁業関係者は卸と飲食店から買ってもらわないとどうしようもない。そこでコストコは養殖のマダイを買い取り、店舗で販売しました。現在ではサステナビリティー経営が叫ばれているが、そもそも企業が生き残らなければサステナビリティー経営もへったくれもありません。そこで、苦境に陥っている分野を救済するために、商品を仕入れる。さらにコストコでは過剰な利益も加算されていないとわかれば、消費者も高品質・低価格のものを享受できる。それがコストコのブランドイメージ向上にもつながるし、さらにはそれが新規会員増加、会員維持率向上にもつながるかもしれない。収益は会員制度の会員収入があればOK。だから年間4,840円払ってくれればボリュームがあり高品質で低価格な商品+その他不可価値あるサービスを提供しますよ!ホットドックも楽しんでね!コストコが年4840円の会費を取る本質的な理由がこれなんです!!





最新情報はコチラです。

今日はコーヒーとメンタルそして先入観をキーワードに

くば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。今日はコーヒーとメンタルそして先入観をキーワードに記事を書きますね。

本日今月おすすめの11周年記念アニバーサリーブレンドと深煎りケニアを買いに来てくれた常連さんと久々コーヒーを絡めゆっくり話す時間がありました。。めっちゃ楽しかったです。そのめっちゃ楽しかった会話の中から、、、「この前さぁ・・ケニアを持帰りで淹れてくれたじゃない・・・・家で自分で淹れたら荒野さんと同じ味にならねぇ~んだよね・・・」と。



そりゃそ! ボクとロミヒちゃんでもいくら同じ豆で同じようにドリップしても同じ味にならない!のと一緒ですね。



【そしてこれ重要!】誰しもそうだと思うんですが、、、ボクの淹れたコーヒーとは違う!という前提で飲んだ瞬間から「違い」を探しているわけです。のっけから違うっていう先入観があるからどう淹れようが違っちゃうわけ。。。でも不味いか?っていうと不味くないんです。同じじゃないだけです。無意識にボクとの「違い」を探しているから余計です。笑




じゃ~こんなシチュエーションだったらどう??
比べるっていう意識レベルなしで同じ豆で同じ量の粉を使いボクの淹れたコーヒー、その常連さんの淹れたコーヒーがあったとします。その常連さんはスマホ見ながら自分の淹れたコーヒーを飲んでいて、、まだ1杯分くらいサーバーに残っている。気づかれないようにボクが淹れたコーヒーとすり替える。そうとは分からずその常連さんは残りのコーヒーをカップに継ぎ足す。


たぶん何の違和感もなく飲むとおもいます。そんなモンだとボクは思うんです。ヨシっ!同じような味を出そうと思って淹れても飲む過程で自分では無意識に「違い」を探して出しているわけですよ!!同じにならないという先入観があるからじゃないでしょうか??




これはコーヒーに限ったことじゃないですよね。ワイン然り!他人との比較然り!違いを見つけて楽しむ!ならOKですね。しかし本来楽しむ行為が違いを比べて「ストレス」になると本末転倒ですからね。とはいえ先入観なしでっていうのも意外と難しいですね。



最新情報はコチラです。

気候も生物もそして人間も不安定な時期「木の芽時」

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。

今時期を「木の芽時」といって木々の芽がぷっくりとふくらむ春先は、木の芽時(このめどき)と言って、昔から本格的な春の訪れを実感する頃です。ところが、この「木の芽時」は、冬から春への季節の変わり目であり、休眠状態から生命が一斉に萌え出てくる激変期の季節なので、気候も生物も不安定な時期と言われているみたいですね。そして人間にも「木の芽時」は当てはまるらしいです。まさに自分がここ数年ドンズバでハマっていたことにやっと気づきました。木の芽晴(このめばれ)木の芽冷(このめびえ)木の芽雨(このめあめ)と。。。木の芽時には、冷えたり、晴れたり、雨が降ったり風が吹いたりと、とっても気候の変動が激しいこと。言葉こそ、美しい響きですが、自然がこのように変化に富んでいるので、人間も影響を受けないわけがありません。多かれ少なかれ、体調がすぐれないのは当たり前の現象だと。。。なら最近なんとなく気分が優れないってことも納得ですね。

■季節の変わり目の不調を自然に癒す
瞑想とかハワイの伝統的な問題解決法「ホ・オポノポノ」由来の水ブルーソーラーウォーターとかハーブティを飲むのも良いらしいですね。

よしっ!こういう時こそボクは自分で焙煎したケニアコーヒーを飲むことにしよ!



最新情報はコチラです。

贈り物の酸味の多いコーヒー豆をどうやって飲むべきか?の質問

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。


よく年末年始あたりになるとこういった質問、お問い合わせがあります。
「頂き物でコーヒー豆貰ったんだけど、、、どうも酸味が多くて自分の好みじゃなんだよね・・
でも折角頂いたから飲まないと、、、どうすれば良い??」

よくあるパターンですね。

自分の経験からいってそういうときは↓ ↓ ↓


これくらい粗く挽いた粉で熱めの(95℃とか)お湯でササっ~~と早く抽出して
熱いうちに飲む!! これに限ります。




本を読みながら、、、PCをしながら、、、、とか
温度が下がれば下がるほどイヤな酸味というか渋さが際立ちますので早く飲みきる!


間違っても逆パターン(細かく挽いて時間をかけて抽出する)はNGです!!



最新情報はコチラからどうぞ

コーヒーのカッピングの目的とやり方について

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
今日はコーヒーのカッピングの目的とやり方について、、、、


カッピングは、コーヒーの香りや味を評価するために行ないます。ワインで言うテイスティングにあたり、
コーヒーの品質の善し悪しを、同じ条件下において判断するというものです。


例えばハンドドリップで抽出したコーヒーでは、抽出条件(蒸らし時間など)によって、味が毎回均一に
なりづらいからです。カッピングであれば、耐熱グラスに決まった量の豆とお湯を入れて一定時間抽出する
方法を取るため、淹れる人による味の差がなくなり、比較評価が正確に行いやすく、1度に多くの量を評価
できるからと言われています。


原産国でバイヤーがコーヒー豆を買い付けする際にも、カッピングで評価されますが、現地バイヤーによる
カッピングと、コーヒー店でのカッピングとは少し目的が異なります。

個性表現の観点からコーヒー店でのカッピングの目的は、自分たちの好みの味が出ているかや、焙煎の
良し悪しの判断のためにカッピングを行います。
※これに関しては個人的に?です。一般消費者が口にする時ってペーパードリップやコーヒーメーカー
プレスポット等々の器具で抽出された状態ですのでブレが出やすいとはいえ、私個人的には自分の焙煎
の善し悪しは同じように抽出した液体で判断すべきだとおもいます。


まぁまぁ個人的見解はひとまず置いておいて、、、話しを戻します!!
それに対して、コーヒーのバイヤーに求められることは、生豆の品質の判断です。生豆の品質のみを
客観的にかつ総合的に判断するためにカッピングを行ないます。

■香りのみをチェックするタイミングは3回『ドライ・クラスト・ブレイク』

カッピングでチェックしているのは、香りと味ですが、香りに関しては3回チェックします。コーヒー豆が
挽かれた粉のタイミングで1回、お湯を注いだタイミングで1回、撹拌するタイミングで1回の、
合計3回です。


■コーヒー豆を挽いたタイミング:ドライ
まずは挽いた豆の香りを評価します。これをドライといいます。
鼻にグラスを近づけて嗅ぎ、ときには揺するなどして香りを感じていきます。

■お湯を注いだタイミング:クラスト
続いて、挽き豆にお湯を注ぎ、その時の香りを評価します。
お湯とコーヒー豆が触れ合っている状態のこのタイミングを、クラストといいます。
※お湯を注いでから1分後が目安です。

■撹拌したタイミング:ブレイク
お湯を注いでから4分後、スプーンを使い撹拌を行います。これをブレイクといいます。
クラストは粉で封をされている状態ですが、このブレイクによって封が切られ、その瞬間
コーヒーの香りが立ち上がります。



◆テイスティング
香りの評価を終えたらいよいよテイスティングです。テイスティングといっても実際は飲む
のでなく「吸い込む!」。専用スプーンでコーヒーをすくい、ヒュッと吸い込むように口の中
に運びます。すくう量は毎回同じ量で。吸い込むように口に入れるのは、液体を霧状にすることで
香り成分を気化しやすくするため。鼻から香りを抜くことで、舌だけで感じた味ではなく、もっと
立体的な風味として捉えられるからです。



以上がコーヒー業界においてのカッピングの目的と実際のやり方で点数を付けています。

カッピングシートという用紙があり「アロマ」「フレーバー」「アシディティー」等々全8項目を
8点満点で評価しまし。因みに4点が普通、6点がFine素晴らしい。
最後に基礎点36点をプラスするので
最高点は8×8で64点に基礎点36点をプラスして100点になる。こんな仕組みとなっています。

韓国では真冬でもアイスコーヒーを飲む人が急増しているとか??

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
リキッドアイスコーヒー
昨年冬あたりから韓国では真冬でもアイスコーヒーを飲む人が急増しているとか??



ある真冬のソウル市街とあるカフェでは昼食を終えてコーヒーを飲もうと集まったサラリーマンで混雑していた。その多くが厚手のダウンジャケットを着ており、マフラーをしたり手袋をしている人の姿も見られた。およそ20人の注文を聞いていたら、冷たい飲み物を購入する人が半分以上。一緒にやって来た一行5人が全員アイスコーヒーを注文するケースもあった。



オンライン上で最も話題を集めた新造語「オルチュガ」。
「凍え死んでもアイス飲料」を意味する韓国語を略したもので、寒い日にも氷が入った
冷たい飲み物を買い求める人たちのことを言う。


派生語として「オルチュガア」・・・凍え死んでもアイスアメリカーノばかり飲んでいるという意味。
そして「オルチュガバラ」はアイスバニララテばかり飲んでいるという意味。
「インスタグラム」などSNSに「オルチュガ」に関する書き込みがおよそ2万件になり、
「アイス飲料を注文した」として氷がたっぷり入ったドリンクの写真が次々アップされ
たらしい。


ソウルの「STARBUCKS COFFEE」によると、昨年12月と今年1月、アイスアメリカーノの
売り上げが前年同期に比べそれぞれ30%、40%増加だと、、、笑



震えながらもアイス飲料を飲む自称「オルチュガ」たち曰く
「水代わりに主にコーヒーを飲んでいるが、ゴクゴク飲んでこそ、
のどの渇きやストレスを解消することができる。韓国のコーヒーは
おいしくないので、氷を入れて希釈した方がまし」だと、、、こんな理由かっ!



理由が理由だけになるほどねぇ~~って感じですが、、だからといって
ブームになる要素ってそこ? さすが韓国ですよ!




最新情報はコチラです

栗粉で作ったクレープ「ネッチ」Necci

ネッチ 栗
●リコッタチーズを挟んだネッチ
つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
早速ですが↑の画像何かわかります??


栗粉で作ったクレープ「ネッチ」Necci です。
近所のRich~が作ってきてくれまいた。みんなが知っている小麦粉のクレープに
比べるとかなり分厚くモチモチした食感。栗の産地トスカーナでよく食べられている
ようですね。


っていうかトスカーナといってもフィレンツェの北西に位置するピストーイア
周辺にある山あいの地域の菓子だからフィレンツェあたりの都市部では意外と
「ネッチ??見たことも食べたこともないよ~」って方多いらしい。


中身はネッチのド定番であるリコッタチーズ。現地では羊乳のリコッタチーズに栗の
ジャムやハチミツをつけて食べるのがスタンダードらしいね。


ネッチ自体が栗の甘みがあるのでリコッタチーズだけでも十分OK
ボクはリコッタにマヌクハニーをつけて食べました。

感想は旨いっ!!モッチモッチした食感と実感の栗の風味が如何にも
イタリアの田舎のお婆ちゃん
がつくるお菓子っぽくて良い感じですね。。



栗粉もゲット出来そうだし 粉と水と塩で生地はOK オリーブオイルをひいて
焼くだけなので今度自分で作ってみよ~~

ハムストリングを鍛えるためのケルトベルデットリフト

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
現在太もも裏側の筋肉・ハムストリングスを鍛えるために「ケルトベル」という
器具を使ってデットリフトというトレーニングしています。
ケルトベルデットリフト
※コチラがケルトベル重さ20kg

◆ケトルベルトレーニングの最大の特徴は、
片手で扱うダンベルとは違い、ウエイトの重心とグリップ位置が異なることです。
これにより、ケトルベルの保持にはバランシング能力が要求され、また、
バランスをとりながら動作を行うことで体幹インナーマッスルに効果があります。

ケルトベルを使ってのデットリフト↓
デットリフト

付加がそれほどでもないので毎日20回×3セットくらいやってます。


今まで足首、股間節のストレッチをしていてもなかなか柔軟性が実感
出来ませんでしが、、このトレーニングを始めてから確実に今までより
可動域が広がりました。


デットリフトで股間節を鍛えることで股間節の可動域が広がり
デットリフトでハムストリングを鍛えることでモモ裏が伸びるように
なり結果足首の柔軟性もジワジワきてる感じです。



明確な目的はひとつですが今までのアプローチで今イチ結果が出なければ
違ったアプローチの仕方もあるわけで、、、、
見方を変えるって大事だなぁ、、、と痛感。


「足首、股間節を柔らかくしたい」という目標があって⇒ストレッチって考える
でも逆にその部分を鍛えることで可動域を広げる⇒結果として柔軟性が増した。


これはトレーニングだけでなく、、大好きな趣味であるサーフィンにも
更には自分の仕事「コーヒーの焙煎」にも当てはまるのではないでしょうか。。。。

今回もかなり勉強になりました!! 先生あざっす!!