スペシャル!

【第5回スペシャルワイン試飲会】が
3/11(土)に当店カフェスペースで開催されます。

そして今回の目玉は、、、、、、




◆セッテ ポンティ ヴィーニャ デル インペロ 2012
(トスカーナ/サンジョベーゼ100/フルボディ・赤)16200円







◆ラ マッサ カルラ 6 2011
(トスカーナ/サンジョベーゼ100/フルボディ・赤) 17712円






◆ミケーレ サッタ カヴァリエーレ2009
(トスカーナ/サンジョベーゼ100/フルボディ・赤) 5616円






トスカーナ! サンジョベーゼ愛飲家の焙煎人荒野にとって

この3種全てサンジョベーゼ100で造られるスペシャリティ

ワイン飲み比べ企画ができちゃう喜び! かなり興奮状態です。



これらの詳細は追ってご案内します。


映画「山猫」のワイン

こんばんは~つくば市並木ショッピングセンターにあるコーヒー屋
フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。

昨夜は超~クローズドな「秘密のワイン会」が開催されました。
テーマは映画「山猫」に関連する「ドンナフガータ」というワイナリーの
3アイテム。








まず1本目は瓶内二次発酵された辛口の泡。
きめ細やかな泡が活き活きとしてて、果実味の微かな甘み、ほんとわずか
なのでドライです。 甘くなりそうでならないバランス。憎いね~。








2本目は白「アンシリア」
カラダットとアンソニカという思いっきり土着品種のワイン。
ミネラル感もあってずっ~~と飲んでいられるバランスの
良いワイン。 このワイナリートップセールスワインだけあるね。









3本目は赤「タンクレディ」
映画「山猫」にも登場した青年の名前を商品名にしたらしく
アランドロンが演じてたとか。


シチリアの文化に別の西洋文化を取り入れたという当時の
シチリアを意味したセパージュです。カベルネソーヴィニヨンという
世界的品種に土着のネロダーヴォラをブレンド。


開けたては樽の効いたまさにカベルネぽさ全開ですが
ものの数分経過した途端・・・・・・厚みある果実味が
シチリアが全面にアピールしだします。


飲みごたえあるワインです。


しかし焙煎人荒野この赤を開ける頃にはかなり
ヤラれてしまって、、、、グダグダになっていた様子。。。








わざわざこのワインを僕に飲ませてくれる為だけに
つくばまで来てくれた髙橋伯爵?公爵? 


途中で壊れてしまってすみません。






ワイナリーの名前はDONNAFUGATA。
ドンナフガータとは、「逃げた女」という意味
意味深な名前ですが・・実はこんな由来があるのです。
この「女性」とはハプスグルグ家のマリア・カローリナ王妃
のことで。ブルボン家のフェルディナンド4世の妻である彼女は
ナポレオン軍の襲来を恐れて、ナポリ宮廷からシチリア
のサンタ・マルゲリータ・ベリチェの宮殿に逃避します。


シチリア貴族の公爵、ジュセッペ・トンマージ・ディ・ランペ
ドゥーサが書いた「山猫」の中でドンナフガータ
という名の宮殿はサリーナ王の所有地にあるとつづられて
いて、現在はドンナフガータ(ワイナリー)のブドウ畑が
この地に広がっていることに由来します。

ワインのラベルも「山猫」に関するものなど「女性」を
モチーフにしたものがほとんどです。どれもテーマがあり
素敵ですね~




もともと安酒のアルサラ酒を大量に造っていたが
量より質のシチリアワインの考えを覆し、既存の畑を売却し
別のワイン畑を買いなおしワインづくりを再スタートし

現在のスタイルになったワイナリーとか。シチリアワインを語る上で
このドンナフガータと山猫は切っても切り離せないらしいです。



こんなシチリアの歴史、文化を聞きながら飲むシチリアワイン。


次回は2/8 青山のシチリアンレストランです。

体調を整えて臨まねば、、、、


7年熟成 久々に当たり!




おはようございます。つくば市並木ショッピングセンターにあるコーヒー屋
焙煎人荒野です。


今年に入ってなかなかいい感じのワインが探せなくて
いましたが、、、、やっと出てきた!って感じです。

☆7年熟成を経た
■キアンティ クラッシコ リセルヴァ 2009 2920円(税込)
(イタリア/トスカーナ/サンジョベーゼ100/フルボディ・赤)



生産者は「ブルーナ・バロンチーニ」 トスカーナでは珍しく特定の銘柄に
特化せず、デイリーから銘醸ブルネッロまで幅広くワインを造っています。


お父さんのジャウレス バロンチーニの夢はトスカーナ全てのDOCGにワイン
畑を所有する!だったらしく その実娘であるブルーナさんがその夢を具現化
していきました。



キャンティクラッシコはじめブルネッロ・ディ モンタルチーノ、ヴィーノ ノヴィレ モンテプルチアーノ
、キャンティ コッリ・セネージ、マレンマ、モッテリーノ ディ スカンサーノ・・・・・・

簡単にいうとこれだけの村にワインの畑をもっているっていうことです。↑



お父さんの夢「すべてのDOCGにワイナリーを持つ」の最終章が
このキャンティ・クラッシコです。所有したのが2009年なので
このワインは「ファーストヴィンテージ」になります。



日頃、輸入元さんに「なんか良いトスカーナないの?」って毎回の
ように言ってたから、、、、茨城来たついでに試飲用のワインもって
ウチのお店に寄ってくれたんです。



表記はフルボディですが、終始エレガントです。ボクが飲んだのは
開けて2時間経過くらいだったらしいですが、、開けたてから飲み口は
柔らかいのでは?粘性もトロっして多めです。ドライフルーツの要素を持つ香り
舌触りも期待してたような滑らかさもあって気分が乗ってきます。
トスカーナらしいサンジョベーゼの酸もしっかりと
あり、果実味が非常に熟してます。 樽で2年以上熟成されているので
木の香やバニラっぽさもありますね。 グラスに注いで放置していると
渋み(タンニン)もどんどん甘くなってきます。 しかしサンジョベの酸が
全体のバランスをとっているので、、これなら時間をおいても
いわゆるヌケ感はない!なぁ~。


何と合わせたらこのワインの良さが発揮するのか?
ん~ やはりこの熟成されたワインには熟成されたチーズや
こってり系のシチューやハンバーグとかでしょうかね。


ちょっと良い感じのキャンクラ、ましてやリゼルバを探そうとおもうと
3000円後半~ってなってきてる現状で、3000円アンダーでこの味なら
OKでしょ~。って焙煎人荒野は思うんです~。


相変わらず「バロンチーニ」さんのワインはリーズナブルな印象を受けました。




今回少量だけの発注ですが、もし興味あるから ご予約ください。


輸入元でもそんなに在庫していないようなので

そしてこの系ワインはレストラン受け良いですので
お早めにご連絡ください!ご用意しますから。。




■キアンティ クラッシコ リセルヴァ 2009 2920円(税込)
(イタリア/トスカーナ/サンジョベーゼ100/フルボディ・赤)
でもエレガント系です。




とことんヤル!



こんばんは~つくば市並木ショッピングセンターにある
自家焙煎コーヒー専門店フレスタプラス 焙煎人荒野です。
本日ワインセラーがやっと到着しました。


重厚感もあっていいなぁ~とおもいます。





豆を買いに来てくれた常連さんもこの角度↑からセラーが視界入った瞬間
あらっ!雰囲気いいね~ とひと言。


当店自家焙煎ですので、室内がどうしても温度高めになります。




そしてカフェも併設。凍えそうなところでコーヒーは飲ませれないし・・・・




本来ならワインもしっかりと温度管理しないと、、、
すべきだしね。




思い切って導入しました。 数年頭のどこかにあった悩みも
これで解消され、スッキリして焙煎に集中できますね。



秘密のワイン会@土浦

こんにちは。つくば市並木ショッピングセンターにあるコーヒー屋
フレスタプラス 焙煎人荒野です。


昨夜は例の「秘密のワイン会」が土浦で開催されました。
まぁ 忘年会を兼ねてお誘いを受けました。


主催の髙橋さんが「ぜひ荒野にボジョレーワイン」を飲ませたい
と言ってくださったらしく、、、、、




あなたはボジョレーと聞いて何をおもいますか?


「あぁ~あの軽い年に一度のお祭り的ワインでしょ!」


たぶんこんなイメージをされる方がほとんどではないでしょうか?




特にボジョレー地方のワイン=ヌーヴォーだとおもいます。



逆にヌーヴォー以外のボジョレーワインってなかなか飲んだ経験が
ないのでは?


そういう僕も今まで1回あるか?っていう記憶です。


そこで今回のワインは。。。。


ヌーヴォーをはじめとする
究極の「ボジョレーワイン」がテーマでした。




◆ボジョレーヌーヴォーの白。

ここ近年白のヌーヴォーも輸入され始めましたよね。
でもボージョレーではなくブルゴーニュの南「マコン」という地区の
ヌーヴォー。 しかし今回はボジョレーで造られた白のヌーヴォー。
僕も初めての経験でした。 ぶどうはシャルドネ100。
サラっ!としてない! 厚みある味わい。これホントヌーボなの?
って感じ。酸味の尖りもなく「マコンヴィラージュ」の白じゃん!って思うほど、、、



次は赤

ジャケットもすべて手書きフリーハンドらしく 赤、白とも
格好いいですよね。 グラスに注いだばかりの状態は香りがフワっ~と
広がるんですが、、、、、段々とその香も落ち着いてくると、、、旨みが
ドンドン押し寄せてきます。 こんなヌーヴォーあるんかい!




そして次は、、、、、[Cru Beaujolais]といってボジョレーでつくられるワインの中でも
良質な村に与えられるAOCです。



※向かって左側黒のラベルが「ジャムス」 右側が「クレオパトラ」



市場には出回らない秘蔵品です。


タンニンのバランス、時間が経つにつれ旨みが凝縮されてくる
感じが、、、、、満足感に変化していきます。


どちらも凄い! あまりなじみのなかったボジョレーワイン。



どちらがウマい、好きは個人の感覚でしかなく、甲乙つけるなんて
ナンセンスでしょ。



この満足感とは『本物』を体験したときのみ味わえる感覚では
ないでしょうか?



ただ食事をしながらワインを飲むだけでなく、BGMのような感覚で耳にス~っと
入ってくるボジョレーワインの歴史背景、文化。この説明無くしてこの満足感を
得ることはないのでは?




ワイン、食事、楽しい会話、そしてワインに関連する文化、風土
今回も全てのピースが埋まったからこそ味わえる「本物感」。



主催の髙橋さんはじめ、参加されている方もツワモノ揃い、、、、


でも一兵卒並みのボクなんかでも受け入れてくれる寛容さ

温かさをいつも感じさせてくれます。



今回もお誘いしてくれた「謎の辛口伯爵」には今までの経験値以上の
経験をさせていただける機会を与えてくれました。


ホント感謝です。気持ちいいくらいの歯に衣着せぬ物言いも笑っちゃうほど
好きです。



来年の年末は絶対に「美味しいね~」と言わせる
イタリアワインを見つけることと「ゲイシャ」を焙煎してみせる、、、、(笑)



今回も楽しい夜会に参加でき、よい年を越せるのではないだろうか。。


















何かとバタバタなあなたへ!

こんばんは つくば市並木4-4-2並木ショッピングセンター内にある
コーヒー屋 フレスタプラス 焙煎人荒野です。



師走は何かとバタバタしがち・・・・そんないつも忙しいあなたへ!


クリスマス~年末カウントダウン、そして年明け みんなと集まる
機会も多いですね! そうなるとお酒でしょ! そうなるとワインでしょ!


今期人気だったワイン!や試飲会で当たり!だったお手頃なワインを
集めた【10本セット15,000円】を20セット限定で販売します。


実際に焙煎人が試飲したワインばかりなので
安心してご購入できます。




赤6本、白2本、泡2本の合計10種類
豪華ボリュームワインセット!


イタリアの旨安サンジョベーゼやピノノワール
シャルド、チリの泡等バラエティに富んだ品揃えです。


配達、宅配もお受けいたします。

今直ぐ029-879-5856までお電話くださるか

info@frestaplus.comまでご一報ください!






今期最後の試飲会


昨日は今期最後の試飲会が開催されました!



今回の目玉 ブルゴーニュワイン 4ヴィンテージ一気に飲み比べ


みなさん楽しんでくれましたでしょうか?






その他、シャンパーニュ、シャブリ、バローロ、バレバレスコ等
豪華メンバー。





オープニング前のスタッフ記念撮影






そしてイタリアからの助っ人?のマウリッツィオも登場。。。。
彼もアメリカ在住時代はサーフィンしていたらしいです。





今回は早めの時間からフィーバー状態でした。
そして新たなお客様も多くなって良かった~




また来年以降も継続していきたいですね。




今回もお越しいただいきありがとうございました。


今年最後のスペシャルな企画

こんばんは、つくば市並木ショッピングセンターにある珈琲屋
フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。


コーヒーもワインも毎日の生活をより豊かにするための
必須アイテムですよね。


そこで今期最終の「スペシャルワイン試飲会」を開催します。







年末ならではの特別企画

ブルゴーニュ ヴォーヌロマネ村の名門
「ミッシェル・グロ」のニュイ・サン・ジョルジュが登場。しかも2010ヴィンテージを皮切りに
2011.2012.2013の 計4ヴィンテージが一気に!一度に飲み比べ。。。


こんな企画たぶんこれで最初で最後のぶっちぎり企画です。



その他 イタリアワインの王様「バローロ」 女王「バレバレスコ」
ボルドーポイヤックのシャトー、シャンパーニュ・スペシャルクラブ、シャブリと
豪華20種類以上をご用意しました。



ぜひ試飲して気に入ったワインを当日参加特別価格でゲットしてみては?



お問合せ 029-879-5856 荒野まで、、、

またはinfo@frestaplus.comまでメールをしてください。





これでワイン選びに悩まなくなります。



おはようございます。
焙煎人荒野 です。


昨日のメルマガで焙煎人、足を
怪我するし、ボードは壊すし!


そんな中足大丈夫?って優しい
コメントがありました。ありがとうございます!


足は大丈夫だけど、ボードが心配です(笑)





さて先日超難題を与えられてしまった焙煎人。
4~5日かけて探しましたよ!普段から
高額ワインを飲んでいる方が飲める
デイリーワインを!


でもなぁ~普段ブルゴーニュだ、ボルドーだ~って
言ってるしね~ってホント悩みました。



でもいいや!この際とことんデイリーに
してやろう!
どんなコメントが聞けるか
逆に楽しみです。


どうせ焙煎人に文句言いまくりなのは
想定内ですからね(笑)


しかしあのオッちゃんのことを考えると
先週食べたフォアグラがまた
蘇るなぁ・・・・・





でもね普段せっせと都内まで試飲会行って
て引き出し作っておいて良かった~。 


焙煎人こういう時でも普段あまり
ご案内しない
お手頃な引き出しもあるんですよ!




さてと!

チョメチョメさんもアッと驚く!
「ホームパーティー用デイリーワイン6本セット」


今回量が必要とのこと、はじめ赤だけ3本くらいかなぁ
って思ったのですが、、、二家族とかで
にぎやかになるだろうし、、、乾杯で泡もあったほうが
盛り上がるし、、、って考え直しました。
それが↓↓↓です。




①デュオ デ メ メルロ カベルネソーヴィニヨン1404円
(南仏/メルロー50カベルネ50・渋さある辛口)

はじめはメルローの滑らかさを感じるが、後から
渋みが舌に重なる感じ!鶏、豚、牛肉には
合わせ易いですね。だってラベルはお肉だもん!


②シャトー ジュクラリー トラディション1620円
(南仏/メルロー60シラー20グルナッシュ20
      いかにも仏らしいバランスの辛口)

下手な安いボルドーに手を出してピーマンのような
青臭い経験あなたもしたことないですか?
このワイン全くないわけではないけど、、、、、
思うに、うどんにかける七味みたいなものですよ。
「パラッと少しだけ」でOK、で、無いとさびしい、
かけすぎはダメ。適度に渋みがあって
このワインのバランス感、もう、絶妙ですね^



③アンティカ マッセリア コッレオーネ 1296円
(イタリア・プーリア/ネグロアマーロ 濃厚で渋み少な目)
たっぷり干しぶどうの香りです。イチゴのような
果実味と酸味を思う存分味わえます。
濃くて、渋み円やかワインって
ザ・日本でウケる味です。



④テラノブレ・カルメネーレ 1058円
(チリ/カルメネーレ 濃い目で辛口・赤)
この価格で結構ボディはしっかりしてますからね!
スーパー、コンビニにあるチリワインってカベルネとか
メルローが多いでしょ!でもプロが選ぶと、、、
カルメネーレですよ!お醤油とダシの甘みが
効いたすき焼きとか合いそうだよね~~






⑤ムルビエドロ シャルドネ 1404円
(スペイン・バレンシア/シャルドネ 辛口)
ボディ!ボディ!が欲しい~ってよく言われる
のでお肉でも合う白ワインを選びました。
やや過熟気味の旨味で果実味が濃い!
これなら文句ねぇだろ!(笑)





⑥アルティガ・フュステル ラ フラウタ 1350円
(スペイン/マカベオ60アイレン40辛口スパーク)
パーティにはやっぱ泡がないとね!香りは甘み
あるけど終始スッキリした軽めの泡です。
景気づけの1杯目には十分です!


以上赤4白1泡1の合計6本
8132円で配達します!






今回のセレクトは
確かに美味しいんだよね~
でも、、、焙煎人のお店狭いから
たまにしか店頭には置かない
ワインたちばかり!

そして同じ赤でも果実味が多い、
渋さがあってドライ!と
各々個性がハッキリ
分かれていて「これよりもっと渋みが
強いのが好み」とか、、、、


もっとひと口目からバァ~んと
果実味がほしい!とか、、、


今後のワイン選びに役立つ基本系
ワインが多いのも特徴です。






もし今回の発注のタイミングで
「私も飲んでみた~い!」
「私も付き合うよ~!」
とご一緒してくれる優しいあなたには
ホント助かります!ということで


合計8132円を⇒7532円
(100円引/1本あたり)の
予約特典つけちゃいます。





ご予約期間は本日から3日間です。


いつものようにこのメルマガの「返信ボタン」
をクリックして
お名前、セット数、連絡先を
書いて「送信」くださるか、、、、

直接029-879-5856へお電話
ください。





そろそろ寒くなってきたし
ワインがほしいよね~と思い
ませんか?


良かったらご一緒してくださいね。

秘密のワイン会その3

なんと最後にスペシャルなコーヒーが、、、、、


そのコーヒーとはパナマ エスメラルダ農園の
オークションロットの「ゲイシャ」!!





当店でも年末限定販売するあの「ゲイシャ」です。



カップに顔を近づけるとマスカットやオレンジの果実の薫り、、、、
飲み口は柔らかくジューシーな酸味が、、、そのあとを追って
甘いも、、、そしていつの間にか口の中から無くなる。。。


コーヒーメーカーで淹れようが美味しい、、、、



これは髙橋さんのお友達が広島で自家焙煎コーヒー店を
やっていて、この日のためにローストしてくれたみたいです。





髙橋さんはドキュメンター映画の世界からフランスの文化を知り
ワインを知り、


僕はフレンチカフェをきっかけにしてフランスの文化に興味を
もち、共通する点も多くとっても勉強になりました。



髙橋さんのお話しの中で実に感銘を受けた言葉がありました。


「日本にはワインもコーヒーも海外の食べ物、チョコレート等なんでも
あるよ。でもそこには味わいの世界しかないんだよ、、、
でもね、まず文化が先でブルゴーニュならブルゴーニュの歴史背景を
理解した上でワインなんだよ!コーヒーなんだよ!」と



だからと言って歴史文化の講座だけだとなかなか落ちてこないよね
ワインがあって料理があってコーヒーがあるから文化、歴史を知れる
自分に落ちてくる」


うわっ~ このおっちゃん凄すぎ!です。






そして初めてお会いする方ばかりだったけど、
もっと堅苦しい雰囲気なのかなぁ・・・・なんて想像しちゃったけど
みんなワインが好きで食べることが好きで、そういう方はコーヒーにも
めっちゃ興味津々で、みんないい感じのフレンドリーで、
あの4時間強は楽しくて、楽しくてたまらなかったかったです。




思い切って飛び込んで良かった!っていうのはこういう事なんだよね、、、、






自分が経験したことがないところって歳を重ねるといささか
面倒に感じちゃうこともありますよね、、、




でもその扉を開けた瞬間、予想外の幸せが待っていることも
ある! ない時もあるけど、、、 タマにある。



この場をお借りして、僕たちを誘ってくれた方に感謝したいです。




近年ではこんな楽しい夜会はなかったです。




たぶん全てが本物だったからだとおもいます。


料理も遊びも
上辺だけの派手できらびやかなシーンは30代で良いな、ぁ、、、
確かに遊んだよ~ ヤリ倒した感もある。だから見えてくることもあるんだよ~



懐の深い人たちとご一緒すると 僕のビートがガンガン
走り出すのが自分でもわかるんです。




また来たい! また来れるように日々頑張って生きよう!



感動するってこういうことなんだと 余韻に浸った夜でした。