◆スタバとは違う愛され方「コメダ珈琲」後半戦。

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
前回の
◆スタバとは違う愛され方「コメダ珈琲」
「喫茶店が減る時代」に店舗を拡大し続けるわけとは??
の後半です。

喫茶店ある故「コーヒー」の観点からお話していきます。

※ボクも過去2回ほどコメダ珈琲を利用しましたが、、、、
とにかく量が半端ない!笑



◆「コーヒーの味」は割り切る!!
コーヒー屋のボクが言うのも何なんですが、、、、
これ結構ポイント!!

「コメダのコーヒーはおいしくない」という意見も確かにある
コメダの「ブレンドコーヒー」は約40年前から、
「どこの店で、誰が淹れても同じ味になる」均質化(工場製造)に
こだわってきた。
という理由で豆からの抽出でなく
各店舗に供給されるのはリキットタイプ(液体)になっており
温めるだけで提供できるわけ。


つまり“コーヒー通”に向けた味ではなく、美味しいコーヒーを飲みに
行くという目的来店でなく
その他多数の人向けの“割り切った味”ということですね。


ボリュームたっぷりのサンドイッチをほおばりコーヒーを
一気に流し込んで喉を潤す。これで良いんです。







最後に「喫茶店」であるコメダの強みとは??
(1)「基本性能」=飲食の味。場所の提供
(2)「付加価値」=その店ならではの独自性


この2つをまとめると、、、

コメダが競合よりも圧倒的に強いのは (1)の中でも「場所の提供」です。
コーヒー代が1杯400円台であっても、
フルサービス(店員が注文を取りに来て、飲食も運んでくれる業態)の喫茶店で、
落ち着けるソファに座り、ゆっくり過ごしたい客層に支持されてきた。


(2)の付加価値は、その立地にある競合店によってさまざまですが、
「モーニングサービス」や「新聞・雑誌の読み放題」などもある。
ただし、インターネットの重要性が増すにつれて、
以前よりも訴求力が落ちており、現在は同時並行して
「座席横のコンセント設置やWi-Fi接続」に注力しているらしい。



「1世帯当たりの喫茶店代」の
支出金額(都道府県庁所在地・政令指定都市別)で、
毎回首位を争うのが、名古屋市と岐阜市
3位は東京23区(東京都)だが、この両市とは
金額で大きな差がある。

名古屋市も岐阜市も、自分たちでカフェ・喫茶店を使い
さらに、お客さんが来ると、「コーヒーでも飲みに行こうか」と
連れ出す。この“カフェ連れ出し文化”は他地域ではあまり
見かけない。たしかに!!


ということで、、、
スタバなんぞ意識せず独自路線で

これら「選択と集中」を徹底し続けた結果

「昔ながらの喫茶店」として各地方でも受け入れられ
いるわけです。


何処の「コメダ珈琲」を見ても駐車場いっぱい!だしね。



やはりここでも
◆「何をやるかっ!」でなく「何をやらないか!」の
重要性の大切さをボクは学んだ気がします。



https://frestaplus.com/71866/



◆スタバとは違う愛され方「コメダ珈琲」 「喫茶店が減る時代」に店舗を拡大し続けるわけとは??

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
8/14~16まで当店お盆休みですのでご認識お願いいたします。

今日のお話は
◆スタバとは違う愛され方「コメダ珈琲」
「喫茶店が減る時代」に店舗を拡大し続けるわけとは??
を2回に分けてボクなりに纏めてみました。

今年で「コメダ珈琲店」(コメダ)が創業して51年になる。
1968年2月1日に名古屋市の下町・那古野(なごの)に
開業した小さな店が始まのようです。


現在、コメダの国内店舗数は795店、海外を加えて
800店。(2018年4月末現在)。

コーヒーチェーンのカテゴリーでは
首位「スターバックスコーヒー」の1342店(2018年3月末現在)、
2位「ドトールコーヒーショップ」の1124店(2018年3月末現在)
に続く国内3位です。



一方、国内の喫茶店数は大幅に減少。総務省統計局のデータをもとにした
全日本コーヒー協会資料によれば最盛期の1981年には15万4630店あった
喫茶店は、ちょいと古いけど2014年のデータで6万9983店。
30年ちょいで半分以下になっわけです。



なぜ喫茶店が減る時代に、ドトール然り、コメダは店舗拡大できたのか?
めっちゃ興味深くないですか?


今回は経営数値でなく
消費者目線というか視点で考えてみましょ!


◆【格好つけないでいける店】
極端なこと言えば「ジャージ」で行ける店。
地元名古屋のサラリーマン曰く
「コメダのよさは、変にカッコつけないところ。
地元の友人などと一緒のときは普段着感覚で使える」


「カッコつけない店」だったからこそ、コメダは全国展開でき、
全世代が使える店になったのだ。メニューでもカッコよさは
打ち出さない。
たとえば「ピッツア××」ではなく「コメダ特製ピザ」。
こんな感じのノリである。




【量をケチらない】
昭和時代から、名古屋では飲食メニューをドカンと出す気風らしく
コスパ重視の名古屋人にはメニューのイメージよりも少量の
品を出したら、早い段階で淘汰されてしまうみたいですね。


喫茶店の「モーニングサービス」に象徴されるように、もともと名古屋の人は
“オマケ”好き。コーヒー代で店内の新聞や雑誌が読めるのもオマケで、
食べ物、飲み物の量が多いのもオマケなのだ。




次回は喫茶店ある故「コーヒー」の観点からお話していきます。
続きはコチラをポチっとクリックしてください。




https://frestaplus.com/71866/

7/18当日の朝もまずは海からのスタートでしたね。

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
7/18はボクの48回目の誕生日でした。たくさんの
バースデーメッセージありがとうございました。
セレンディピティ サーフボード
7/18当日の朝もまずは海からのスタートでしたね。

たぶんこのノリは来年も再来年も変わらないと思います。。。


https://frestaplus.com/71866/




昨夜はサーフボードの修理です!!

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲
焙煎人荒野です。

ダニエルトムソンサーフボード
先週はコーヒー焙煎機の修正で追われておった焙煎人ですが、、、

今度はサーフボードの修理です。
昨夜実家の倉庫でちゃっちゃっと!
ファイヤーワイヤーサーフボード
どんなコンディションでも楽しめる
ボクにとってマジックボードなんだけど、、、、
何故か?よく壊す!笑

土曜の夜仕上げですね。



https://frestaplus.com/71866/

今日はコーヒー焙煎の「ザ・特訓!」のため 朝イチだけササッと 波乗りへ、、、、



つくば市フレスタプラス@あらの珈琲
焙煎人荒野です。


今日はコーヒー焙煎の「ザ・特訓!」のため 朝イチだけササッと
波乗りへ、、、、

予想はしていたけど、、、かなりの「プアーコンディション」
風もオンショア、波もパワーレス。。。


唯一、久々太陽が顔を出してくれたことがせめてもの救い!
ホント久しぶりでしょ!太陽見るの、、、、


なんかホットしました。




しか~し!このボードがあればどんなコンディションでも
適当に楽しめちゃうんですね。。。。


まあ、、、取り敢えずサーフィンしてサッパリしてから
ザ・特訓へ向かった焙煎人でした。




https://frestaplus.com/71866/


#つくばコーヒー
#つくばコーヒー豆
#つくばコーヒーフェスティバル
#つくばサーフィン
#サーフィン
#フレスタプラス
#あらの珈琲

やはりバナナは王道ですね

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲
焙煎人荒野です。


本日一発目のオーダーはカフェです。
そして、、、、↓
自家製バナナクリームワッフル
◆自家製バナナクリームワッフル コーヒーセット1200円+TAX


やはりバナナは王道ですね!


テキ屋のチョコバナナ、チョコバナナクレープと、、、、
なんだかんだ言ったってみなさんバナナが好きなんですね!


ていうボクもサーフィンする前必ずといっていいほど
バナナを食べてから海に入ります。


ウチの父親はもっぱらセブンイレブンのバナナを
買うのが日課。


はたしてお客さんはこのワッフルを食べてどう感じる
のだろうか?? 量は?味は?検証の意味で
暫く前、、実際フルサイズのバナナクリームワッフル
食べてみました。 



バナナとホイップした生クリームそしてもっちりと
したワッフル。一見しつこいなぁ~と。。


しか~し!冷た~いバニラアイスクリームが
アクセントになっていて全体のバランス加減を
絶妙に保っている。。。。。



口の中がバナナとクリームの重厚感で耐えられなく
なってきたい頃に少し冷めたコーヒーを一気に
流し込む。。。。


すると一気に満足感が押し寄せてくる、、、、



ハナナをつかったスイーツ やはり王道だな!!



因みにここにメープルシロップを流し掛ける、、
お皿全体が黄金色に輝きビジュアルもアップ!!



生クリーム、チョコレートソースの幼いハーモニーが
一気に複雑なハーモニーへと変化します。






ところでバナナもおやつに入りましたっけ、、、、?



https://frestaplus.com/71866/



今回の内装改造計画はボクたちの覚悟なんです。

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
店内内装改造計画後、ワイン試飲販売会や京成百貨店
出店と息つく間もなく6月もあっという間に後半戦。

今が頑張りどこのフレスタです。

フレスタプラス@あらの珈琲 つくば

今回の内装改造計画はボクたちの覚悟なんです。
今後時代がどう変わっていくかわかりませんが、、、


外的要因が変化しよと、、何があろうと
ここ並木ショッピングセンターで頑張っていくっ!

じゃ珈琲じゃなくコーヒーでもなく「Coffee」と「Wine」
そして自分たちの趣味を超えた遊びである「Surfing」をイメージ
できるお店にしちゃおうぜ!!

ずっと並木で頑張っていくんだから自分たちの好きなように
しちゃおうぜ!!

これが理由であり、僕たちの覚悟の証なんですよね。

つくばフレスタプラス@あらの珈琲
この扉も絶対に色と質感だけは譲らなかった、、、、無いって
言われても納得できるまで最後まで諦めず探したし、、、


?の画像のテーブルと椅子も素材、カラー、質感はもちろん
座った時にストレスなく足が組めるため
テーブルの脚の高さと椅子の高さのバランスだけは3時間かけて
細部まで採寸して造ってもらいました。

そのためにどんな椅子とテーブルのバランスがストレスを感じるのか??
そのストレスを味わうために色んなお店に食べに行ったりしましたしね。



もちろん無尽蔵に予算なんてあるわけないですから
投資できる予算内で最大限に僕たちがイメージするお店
を具現化出来たとおもいます。



本気で考えましたからね。。。。



ここまでやったんで、、何があろうと
例え周りが居なくなって廃墟になろうが、、、
ここ並木ショッピングセンターで頑張って
いく、、、フレスタ頑張りながら、
サーフィンも思いっきり楽しむ!


つくばフレスタプラス

僕たちの覚悟というかメッセージと感じて
いただけたら幸いです。





極めつけは不健康美人ワッフル

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。

今日は何故でしょう???
自家製でつくるワッフルが良く出ますね!!


極めつけは、、、、、

◆不健康美人ワッフル コーヒーセット2700円+TAX

自分で作っていてめっちゃ食べたくなっちゃいました~。


赤身肉の焼き加減も外はカリっと!中はロゼワインのようなピンク
色がほんのり残る感じで焼いてます。


ほんのりと甘いワッフルにステーキの肉汁が染みこんで
いい味出してます。ワッフルとステーキの融合!!



https://frestaplus.com/71866/


#つくばコーヒーフェスティバル
#つくばコーヒー
#つくばコーヒー豆
#あらの珈琲
#フレスタプラス
#つくばワッフル
#つくばステーキ
#つくばカフェ

スタバと大量閉店「黒船チェーン」の決定的な差とは??VOL2

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
先日から個人的に興味深い「大手ファーストフードチェーン」の日本市場に
おいての成功と挫折。。。今回は前回の続きで、、、




バーガーキング、サブウェイと
同じくして日本市場で苦戦中の「クリスピークリームドーナツ」

甘くてふわっとしていて「いくつも食べたいドーナツ」を提供し、
それを「1ダースを標準サイズとして家に持ち帰る」という
コンセプトで伸びた会社です。


確かに上陸当初は日本でも何時間も
並んで”箱買い”してましたよね。。。?

ボクも行きましたよ!2時間くらい並んでの箱買い
でも並んでいる途中に配ってくるドーナツが一番
旨く感じるんですけどね。。。笑


しか~し現在は、、、
甘さを抑えたドーナツを開発し、小さな店舗で
少ない顧客を相手にビジネスを行っている。



アメリカでウケた成功コンセプトが日本市場向けに
変質しているという点では課題は他の2社と共通
していると言われています。





じゃ!巷では苦い、不味いと言われながらも、、、、
スターバックスコーヒーがなぜ日本であれだけ!
今でも成功し続けているのか?




それはアメリカで成功したコンセプトからぶれていない!
そういう理由なんです。って!



そもそもアメリカで成功したコンセプト自体も
それまでのアメリカンコーヒーといわれる薄い!不味いから
アメリカ市場の文化を変えたところから始まっています。


イタリアで栄えている、そしてアメリカにはなかったエスプレッソコーヒーの
香りと味を愉しむコーヒーショップをシアトル発で展開したい。
そうやってアメリカの文化を変えることで成功し、日本でも陰気くさい
喫茶店文化を変えることでスターバックスは大成功を収めてきました。



アメリカであれだけ成功しているチェーンであるということは、
そのコンセプトにはそれだけの強みが存在していること
なんでね。


コンセプトが一貫してブレないっ!
改めて大切であって 続けることの大切さ、難しさ、、
感じますね。。。



ということは バーガーキングしかり
サブウェイしかり クリスピークリームドーナツしかり
コンセプトに投資して、日本の文化を変えていくことに
力を入れてこなかった結果なんですかね。


今後このような大手外資チェーンが 大量閉店の
道を辿るのかも。。。。


どこに投資するか? 肝になってきます。
自分を含めてね。



https://frestaplus.com/71866/



#つくばコーヒー
#つくばコーヒー豆
#つくばコーヒーフェスティバル
#フレスタプラス
#あらの珈琲

スタバと大量閉店「黒船チェーン」の決定的な差とは??

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。

今日はある経済誌の記事から、、、、
スタバと大量閉店「黒船チェーン」の決定的な差とは??

当店も少なからず飲食をテーマにしたお店を経営して
いることからとても興味深いなぁ~と。



そして
自分たちのコンセプトを一貫してやる抜く大切さ
痛感しましたね~。





一時は日本でも熱狂的な支持を得たフードチェーン店の
大量閉店が相次いでいます。
バーガーキングが5~6月で23店舗を閉店
サンドイッチチェーン世界最大手のサブウェイも
過去5年間で200店規模での閉店
一昔前にはあれほどの長蛇の列ができていたクリスピークリーム
ドーナツも新宿駅南口にあった1号店はすでに
2017年で閉店しています。


この3社本国アメリカでは大成功のカテゴリでしょ?


しかし各々諸事情、理由、日本おいての弱点は違えど
日本市場ではかなり厳しい状況です。

だから撤退なんですけどね、、、、




■しかし事情は違ってもそれぞれにある共通点とは?


アメリカで大成功して、そのコンセプトで日本に上陸して、
日本でも当初は歓迎される。しかしプチプレミアム価格帯であることが
途中でマイナスに働くようになり、やがて需要が減少していく。

※「マクド」のような徹底的な低価格路線とは一線をおいている

起きてきた事象を見てみると、
よく似たことが3つのチェーンともあるわけですよ。



3社のチェーンはどれも、アメリカで成功したコンセプトが
日本市場に文化として受け入れられなかった。。。




バーガーキングがなぜアメリカで成功したのか。
理由はマクドナルドとよく似たメニューをそろえながら、調理の際に網焼きにすることで
余計な脂を落として調理したことです。ハンバーガーというジャンクフードを
調理のプロセスで少しだけ健康によい食べ物に変えた。
これが!バーガーキングの成功コンセプトです。


アメリカではこのことがCMで強調されていて、
全米のお父さん、お母さんが「ハンバーガーを食べに行きた~い」という
子どもを連れて行く店として、
マクドナルドよりもバーガーキングを選択したんですね。




日本のバーガーキングは最初の上陸から20年以上が
経つのに、この最大の特徴を日本市場できちんと伝え
られなかった、、、。


結果、子どもの顧客は少ないまま。そしてジャンクフードが
好きな顧客はマクドナルドに流れ、健康的なハンバーガーが
好きな顧客はフレッシュネスバーガーへ。。。
なぜ存在しているのか消費者にもよくわからない。
中途半端な存在になってしまったわけです。



じゃサブウェイは?というと
そもそもアメリカでは「サンドイッチを夕食としても
食べる文化がある」という前提で成長した企業
なんですね。

細長いパンを真ん中で半分に切ったサイズが
ランチ用、パン一本分のサイズがディナー用
これがサブウェイのコンセプト!


しかしこのコンセプトが日本市場に根付かなかった。
日本ではあいかわらずサンドイッチは
昼食で食べるメニュー。



結果ランチの女性向け需要のみ。
それ以外の時間帯の需要が創造できなかった。
しかも男性にとっては量がちょっと物足りない。
※そそ!確かに日本では海外で食べるより
 ボリュームが小さい!

男性を捨て、夕食を捨てればアメリカの4分の1の
業績になるのは必然ってことですよね。
日本市場特有のニーズに20年間フォーカスしすぎて、
文化を変えられなかった、、、、


言い方変えると
サブウェイは日本の文化を変える投資を
27年間怠ってしまった。だから本来の強さが
刺さらない市場で戦い続けるという苦しい状況を
自らが招いてしまった、、、、自爆です。



次回に続く、、、、